本日の映画:チャップリンの独裁者(2013/2/22)

チャップリンの独裁者」('40・アメリカ)。


1918年、第一次世界大戦末期。
トメニア軍の兵士でユダヤ人の理髪師は、戦いで記憶を失い病院に収容される。
時は流れ、終戦や政変があったことも知らずにいた理髪師は、
病院を抜け出し、自宅へと戻った。

しかし彼はあれから長い年月が経っているとも気付かず、埃でまみれた理髪店の様子に驚く。
もちろん、町ではユダヤ人に対する迫害が始まっていることや、
ヒンケルという独裁者が君臨していることも知らないでいた…


★★★


よくやったな、チャップリン。
この映画が製作されたのは、ヒトラーが台頭してきたまさにその時代。
その事をよくここまで戯画化したものだ。
ヒトラーやその周りの人たちはこの映画、見たのかな。
こんな映画作れる人、今の時代にいる?撮る前に誰かに止められそう…

しっかしドリフだなー、チャップリンは。
いや、ドリフがチャップリンなのか。
彼の笑いは、ドリフもそうだけど、”お決まりな”笑いなんだけど、そこが面白い。
たらいが上から落ちてくるとか。

でも、有名な最後の演説シーンは、ただのコメディではないよってこと。
それでも戦争は始まってしまったよね。
チャップリンはどう思ったんだろう。

独裁者 [DVD]独裁者 [DVD]
(2000/03/24)
チャールズ・チャップリン

商品詳細を見る


映画見てると、あ!この曲聴いたことあるー!ってなる事が多い。
それがクラシックだと、題名や作曲者を調べるのって結構大変。
今回はちゃんと字幕付きで説明が。
「ブラームスのハンガリー舞曲」。メモメモ。

tag : 映画 チャップリンの独裁者

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム