本日の映画:RENT/レント(2013/2/3)

RENT/レント」('05・アメリカ)。


1989年、ニューヨーク、イーストヴィレツジ。
ここには夢を追う若者たちが多く住んでいる。
しかし彼らはお金がなく、家賃も電気代も払えず、食べるのにも事足りない生活を送っていた。

HIVだった恋人が自殺して以来、引きこもりの生活を送るミュージシャンのロジャーは、
日常をカメラで記録し、映像作家を目指すマークと暮らしている。
ロジャーは階下に住むストリップダンサー、ミミと出会い惹かれ合う。
しかし、なかなかその一歩を踏み出せないでいた。
一方、別れた恋人、パフォーマーのモーリーンの事が忘れられないマーク。
彼女の新しい相手、弁護士のジョアンは、モーリーンの奔放な性格に振り回されていた。

ある日彼らの元に、仕事をクビになり街に戻ってきたトムが訪ねてくる。
その日の夜、強盗に襲われた彼は、ドラァグクイーンのエンジェルに助けられ、
ふたりはいつしか恋に落ちていった。

かつては彼らの仲間だったベニーは、資産家の娘と結婚。
彼らが住む地域の再開発を進めるため、滞納している家賃の取立てにやってくる。
しかし誰もが家賃を払う余裕などなかった…


★★★


考えてみると、今は昔より有名になるのが簡単になったと思う。

ブログやyoutube、facebookやtwitter。
パソコンがない時代はどうやって自分をアピールしていたんだろう。
彼らはどうやってチャンスを掴んで行ったんだろう。

やっぱり都会に出るとか、という事になるんだろうな。
田舎にいてもネットが使えれば、全世界に発信できる。
そう考えると、今の人は努力が足りないのかな、と思う。

さて、そんな事を考えさせられた本作。
「Seasons of Love」にときめき、知り合いが出ている事を知り、
興味がなかったものの、機会があれば見てみよう、と思っていた。
まさにそう思った日、なんとBSで放送があると知る。
どういう巡り会わせなのかしら。今見とけって事?タイミング良すぎね。

元はピュリッツァー賞も獲ったブロードウェイミュージカル。
うーん、これは舞台で見たほうが面白いかも。
と言うか、やっぱりミュージカル映画は見ていて何だか恥ずかしくなる。
タモリさんの影響か、好きだーとか死ぬーってのを歌うってのが照れる。
でも、ミュージカルを見るのは嫌じゃないから、ミュージカル映画が苦手なのかも。
でもでも、gleeは好きだから、やっぱりセリフを歌に乗せるのが照れくさいのかも。

そう言えば、昔、マドンナの「エビータ」をミュージカル映画と知らずに見て、
思わず「えぇぇぇぇぇぇ」と言ってしまった記憶がある。
と思ったら、ベニーの奥さんの犬がエビータって名前だった。

”レントヘッド”と呼ばれる熱狂的ファンもいるらしい。
もうオリジナルキャストで舞台では見られないのかしらね。



知り合いだったのねーって人がてんこ盛りだよ、チームRENT。
トムはおなじみ、「LAW&ORDER」のエド・グリーン。
ミミは見たことあるなーと思ったら「KIDS」のあの子だ!
一番ビックリしたのは、ベニーが「プライベート・プラクティス」のサムで、
モーリーンが「glee」のシェルビーだって事。
しかもこのふたり、夫婦だって。二度ビックリ。

tag : 映画 RENT/レント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム