本日の映画:ドレスデン、運命の日(2012/12/8)

ドレスデン、運命の日」('06・ドイツ)。


第二次世界大戦が6年目に突入。
ドイツ国内でまだ爆撃の被害を受けていないドレスデン。
この街に住む看護師のアンナは、婚約者である医師、アレクサンダーと共に、
日々運び込まれてくる負傷者の治療に奮闘していた。

ある日アンナは、地下室に隠れ潜んでいる男を見つける。
負傷していたその男を手当てした彼女は、彼がイギリス人だということに気付く。
不覚にも敵である彼を愛し始めてしまったアンナは、その事を誰にも話さないでいた。

アレキサンダーとの結婚準備が着々と進められる中、彼と一緒に逃げる事を決意したアンナ。
しかし今まで空爆のなかったドレスデンに攻撃の命令が下されてしまい・・・


★★★

150分の尺の長さと時間の都合で、4日に分けて見たせいか、どうなのか。
いまいち感情移入ができなかった。

ちなにみにぼびーには、そんな事して映画見る奴は、本当の映画好きじゃないと罵られる。
私のその映画に対する重要度で見方が違うのです。
という事は、この映画はそんなに重要じゃない・・・
むー。ごめんなさい。

いまいち感情移入できなかった他の理由を考えてみる。
むー。
ヒロインがあんまり好きなタイプじゃない、ここ重要。
150分もあるのに、恋に落ちたふたりの微妙な心の動きが上手く表現されていない、
唐突な感じがする(一目ぼれな感じはわかったけど・・・)、
スパイ活動や裏切り、ユダヤ人の夫を持つ友達の話・・・など
ちょっと詰め込み過ぎて個々のエピソードがなんとなく中途半端。
何度も言うけど、150分もあるんだから壮大なスケールで・・・
って期待し過ぎたのもあるのかしら。

4日に分けないで、一気に見たらまた違う?



それにしても、婚約者のアレキサンダーが一番可哀想。
嫌な奴な設定だったらよかったのに。
いい奴なんだもん。

tag : 映画 ドレスデン、運命の日

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム