本日の映画:ディア マイ ファーザー(2012/11/27)

ディアマイファーザー」('07・オーストラリア)。


1960年、夏。
久々に母が帰り喜ぶレイモンド。
しかし、その生活が長く続かないのは知っている。
彼女はまた家を出、恋人の元へと戻っていくのだ。
そして父とふたりきりの生活が始まる。

そんなレイモンドにできる限りの愛情を注ぐ父、ロミュラス。
しかし1年後、母、クリスティーナが恋人の子を出産。
心を病んでいた彼女の症状が悪化し、家族はさらに崩壊し始め・・・


★★★


大人のわがままが醜い。
大人のいざこざに振り回されるのは子供。
でも彼は哲学者として成功。
これは哲学者であり小説家、レイモンド・ガイタの
自伝を元にしたお話。

ドイツからオーストラリアに移民としてやってきた家族。
なかなか新しい生活に馴染めない彼女は心を病み始めてしまう。
彼女が心の平穏を求めた相手は、ロミュラスの友達の弟。
自分はこの家では必要とされていない、と感じていたクリスティーナだけど、
そこで不倫に走るのは言い訳にならない。
だって、レイモンドを愛してる、と言っておきながら彼を置いて家を出ているし、
娘を産んだ後は抱こうともしない。
そして恋人との生活にイライラしたら違う男に走る・・・
一応説明では”心が病んだ”と言っていたけど、
作り方がそうなのか、ただの性悪女にしか見えなかった。
自分が大好きで自分の事しか考えない。そんな人。
こういう症状も”病気”と呼ぶの?

それでも彼女を愛し続けるロミュラスも理解不能。
でも男と女の関係は複雑なので、あんまり意見はできないかな。

そんな親のゴタゴタを目の前で見ていたレイモンド。
哲学的に物事を考えられる子供で良かった。



”走らない”フランカ・ポテンテ。
結構外国の映画に進出してるよね。
ハウスにも出たって?

tag : 映画 ディアマイファーザー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム