本日の映画:シルク(2012/11/15)

シルク」('07・カナダ=フランス=イタリア=イギリス=日本)。


19世紀、フランス。
休暇で故郷に戻ってきていた軍人のエルヴェは、
一目惚れしたエレーヌと結婚を決め、除隊することを決意。
間もなく彼は製糸工場の社長、バルダビューに任命され、
病気を持たない最高の蚕を手に入れるために、
極東の地、日本へ向う事になる。

長く厳しい旅ののち、日本にたどり着いた彼は、
そこでひとりの美しい娘に出会い、心を奪われてしまう。
一度はフランスに戻るものの、彼女を忘れられないエルヴェは、
再び日本へ向うのだが・・・


★★★


何なんだ。
何か足りないぞ。
お話の内容は魅力的。
でも何だか物足りない。

日本は幕末の時代。
ヨーロッパから日本に来るなんて、ものすごーく大変な話。
まずその大変さが伝わらない。これ重要ポイント。
何だかんだで3往復もしたのに、あんまり大変そうに見えない。

エルヴェが恋した日本人の娘
(日本人じゃないかもとも言われてたけど)、
ひと言も話さなかったんだけど、ちょっと様子がおかしい。
あんな事する?そんな事までする?
今ならまぁ許容範囲かもしれないけど、あの時代でだよ。
日本人の女の子ってこんなことするんだーとか。
そう思われたらたいへーん。

もっともっと細かい部分を掘り下げて見せてくれたら、
もっともっと共感できたし、話に入り込めたのでは?
重ねて申し上げますが、お話の内容は魅力的。
今みたいにメールで簡単に会話できないこの時代。
切ないね。
伝わらなかった思いって一体いくつあるんだろう。



ちゃんと日本人俳優さんが使われててよかったよー。
役所広司さん&中谷美紀さん、英語上手~

フランスとかヨーロッパが舞台の話なのに、
英語で英語圏の俳優さん使うのってよくあるけど、
これってどうにかならないものですかね・・・
言ってくれなきゃフランスの話だってわからなかったわ。
それにしてもマイケル・ピットは童顔ね・・・
ヒゲ生えててもおっさんに見えない。

tag : 映画 シルク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム