本日の映画:汚れた血

「汚れた血」('86・フランス)

まず。
この作品「けがれたち」と読むんだけど、
ずっと「よごれたち」だと思っていました。
そして主演はジュリー・デルピーだと思ってたのだけどこれまた違うのね。

ゴダールの再来と呼ばれている(今も?)レオン・カラックス監督の、
アレックス3部作の2作目ということです。
1作目の「ボーイ・ミーツ・ガール」は未見、
3作目の「ポンヌフの恋人」は日本でもヒットしてたよね。
すべてドニ・ラヴァンが”アレックス”という役名を演じている、
ということだけど、アレックスは同一人物ではないみたい。

今回のアレックスがいるパリは、
彗星が地球に接近中であともう少しで21世紀、
ここでは”近未来”ということになってる。
”STBO”という、愛の無いセックスで感染する病気が流行ってて、
若者の方が感染力が高く危険だという。

そんな時代に、アレックスはトランプ賭博でお金を稼いだりしている。
恋人リーズのことはそれなりに好きだけど、
今の生活は完璧ではないなと漠然と感じていた。
そんなある日、亡き父が残した多額の借金の事を、
父の友人マルクから聞かされた彼は、
唯一作られたSTBOの治療薬を盗む計画を立てます。

リーズを捨て、マルクの元へ向かったアレックス。
そこで彼は運命の女に出会います。
現実世界に住んでいないような不思議な雰囲気漂うアンナ。
でもその愛はなかなか彼女に届かず。
ふわふわ漂うような彼女をただ見守るだけなのでした。

ぶっちゃけ、彗星が近づいてるとか、もうすぐ新しい世紀になるとか、
病気が蔓延中とか、そんなのあまり重要じゃないみたい。
特殊な状況にいるけど、物語の中心は、愛。
愛がそうさせて、愛のために、愛するがゆえに、愛があるから〜、
と物語は動く。

印象に残ったのは、果物が上から落ちてくるシーンと、
ジュリエット・ビノシュ演じるアンナが、
唇くねらせてふーっと息を吹いて前髪を揺らすところと、
ジュリー・デルピーの無垢な感じの美しさ。



見て感じろ系なので、それでよし。
プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム