本日の映画:モスクワは涙を信じない

「モスクワは涙を信じない」('79・ソ連)

邦題だけ見ると、ちょっと暗めの苦労が多い話かなー、
と思いきや、苦労は多いけどレトロかわいいハッピーな物語でした。
またまた勝手な想像で「ソ連製」だから、
きっときちっとした作りなんだろうな、と思いきや、
けっこうぶっちゃけてて「あ、それいいんだ」と思う場面が多かった。
国や時代が違っても、みんな同じなんだな。
映画で世界を知ることができます。

1958年、モスクワ。
労働者用の寮に住むカーチャは、
資格をとるため勉強に励みながら、工場の機械修理工として働いている。
ある日、おじの住む高級アパートの留守番を頼まれた彼女は、
ルームメイトのリューダと共にお金持ちを招いてパーティーを開くことに。
ふたりはおじの娘、ということにして、いい男を物色。
ふたりともお目当てを見つけるけど、
カーチャのお相手、テレビ局のカメラマンのルドルフに嘘がバレ、破局…
でも彼女は彼の子を身ごもっていたのでした。

それから年月は過ぎ、娘のアレクサンドラは大学生に。
カーチャは多くの従業員を抱えた工場の工場長となっていました。
そんな彼女に久々の恋の予感。
電車で出会ったゴーシャの押しの強さで、
すっかり彼のペースに飲み込まれたカーチャ。
一緒に暮らし始め、愛しあうようになります。
でも今さらかよ、のルドルフとの再会がふたりの関係に影響し…

カーチャの親友、リューダやトーシャもそれぞれの人生を歩みます。
リューダはパーティーで出会ったホッケー選手と結婚したけど、離婚。
裕福な生活を夢見ている彼女は、結婚相談所に通ったりします。
トーシャは、職場の同僚だったコーリャと結婚。
子供もいて平凡だけど幸せな日々。

そしてカーチャ。
運命を感じた男に出会ったけど、
簡単には幸せを手に入れられません。
ルドルフという邪魔が入り、あーだめか…と思ったけど、
やっぱり運命は運命。
8日間離れ離れだったふたり。
「あなたをずっと前から探していたのよ」
ポジティヴに生きてきた彼女に拍手を贈る。



モスクワは涙を信じない。
信じるのは愛だけなのです。
プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム