本日の映画:リザとキツネと恋する死者たち

「リザとキツネと恋する死者たち」('14・ハンガリー)

日本が絡むと気になりますね。
そしてあまりお目にかかれないハンガリー作品。
予告を見ると緑のスーツを着た日本人男性が歌謡曲歌ってる…
ますます気になる!

1970年代のブダペスト。
元日本大使の未亡人、マルタの専属看護師として住み込みで働くリザ。
休みなし自由時間なしの日々を癒やしてくれるのは、
彼女だけに見える幽霊の日本人歌手、トミー谷。
彼の歌声は、いつもリザを元気づけてくれた。

同じ繰り返しの毎日から抜け出し、
大好きな日本の小説のような甘い恋をしたいと妄想するリザ。
30歳の誕生日に外出のお許しを得た彼女は、
早速素敵な男性に出会うけど、そうは問屋が卸さない。
そしてリザが家に戻ると、マルタが死んでいたのです…

その時からリザに関わった男性が次々と死んでいく、という怪現象が。
これは日本に伝わるキツネの呪い!
私はキツネに取り憑かれたのー!!
でもリザは、無私に自分の事を愛してくれる人が現れれば、
その呪いは説かれると信じ、その運命の相手を探し続けるのだけど…

リザ、かなりのフシギちゃん。
ミックバーガー(マックの仲間?)のハッピーセット(子供用のあれ)食べて、
オマケ集めて喜んだり。
「コスモポリタン」を信じ、そのまま実行したり。
少しでも知り合うと、この人が運命の人?!となり→死んじゃう。
しまいにはちょっと目があっただけでも→死んじゃう。

死にすぎなので、もちろん警察に怪しまれます。
亡くなったマルタの部屋に間借りすることになった刑事のゾルタンは、
彼女をこっそり観察します。
次第にリザに恋をし、死亡フラグが立ちまくるも、なかなか死なないゾルタン。
彼よ、彼が無私の愛をくれる彼よー!!
と叫んでもリザには届かず。
真実の愛、リザ、いつ気付く?

そんな訳で、トミー谷の役どころはと言うと、
歌って踊るだけの幽霊かなーと思いきや、
リザを愛するが故、嫉妬に燃える死神さんでした。
時間外で頑張ってたみたいね。



あなただけにあげる〜
サントラもいいね。
プロフィール

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム