本日の映画:誘う処女

「誘う処女」('14・オランダ)

あんまりお目にかかれないオランダ映画。
むむ?これはどこで処女が誘うのだ?
ちなみに邦題の「処女」は「おとめ」と読むらしい。

15歳の主人公メイスは、
自分の家に車が衝突してくれればいいのに、と願っていて、
原題の「SUPERNOVA」=超新星の事について語ったり、
慣性の法則について語ったりする。
実際にはひとりごとなんだけどね。
ちょっとフシギちゃん、ちょっと人生に退屈している女の子。
そして海の近くの何にもない町に住んでいる。

海に身を投げ自殺した祖父、それ以来口を聞かない祖母、
事故で職を失った父、ここでの生活に不満タラタラの母。
レズビアンの友だちはメイテが男に興味があるのがおもしろくないみたい。

なーんかつまんない。

そんな感じが漂います。

そんなある日、メイスの家に本当に車が衝突しちゃう。
乗っていたのはロシア人(多分)の若い男、ボリス。
つまんない日常に、つまる出来事。
これはチャンス!?
ようやくここで誘う処女になったメイス。
でも、それも一瞬のできごと。
またつまらない日々に戻るのか。



ううん、きっと楽しい事が待ってるよ、メイス。
プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム