本日の映画:恋多き女

恋多き女」('56・フランス)。


ポーランドからパリにやって来た公爵未亡人のエレナ。
気ままな自由生活を送ってきた彼女は、
製靴業を営む富豪との結婚を勧められ、気持ち半分に承諾してしまう。

そんな中、国民的英雄、ロラン将軍の閲兵式を見物していたエレナは、
侯爵のアンリと知り合う。
将軍の知人だという彼に連れられロランに会った彼女は、
相手を成功に導く力の象徴、ひなぎくの花を渡す。

自分には誰かに幸運もたらす力があると信じているエレナ。
その力を信じたアンリは彼女を”幸運の女神”として利用しようと考えるのだが・・・


★★★


クラシックな映画は、登場人物が多く話もてんこ盛りなので、
あらすじを書こうとすると最初から最後まで書かないとならない気がする。
それでもって、ドタバタコメディ。
次から次へとドタバタドタバタして、何が起こっているのかついていくの大変。

落ち着いて考えてみると、
エレナは”あげまん”なのだな。
”あげまん”と言う言葉が現在実際に使われているかどうかは置いておいて、
ひなぎくの花を渡し、エレナがちょこっと助言したりすると、
相手がラッキーな事になる。事が上手く運ぶ。って言うことね。

邦題は「恋多き女」だけど、エレナが恋してばっかり・・・ではなくて、
そんなエレナにみんなが恋する・・・ってことね。
原題は「エレナと男たち」って感じだし。
不思議な魅力を持つエレナにみんなが影響を受けちゃうってお話。

彼女がいれば、世界は平和になるかもね。


恋多き女 [DVD]恋多き女 [DVD]
(2009/08/22)
イングリッド・バーグマン、ジャン・マレー 他

商品詳細を見る


久々のイングリッド・バーグマン。いと、うつくし。

tag : 映画 恋多き女

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム