本日の映画:マノレテ 情熱のマタドール

マノレテ 情熱のマタドール」('08・スペイン=イギリス=フランス=アメリカ=ドイツ)。


貧しい闘牛一家に育ち、飢えから逃れるために闘牛士となったマノレテ
のちに天性の才能を発揮した彼は、やがてマエストロと呼ばれるほどになる。

そんな彼が出会ったのは、美しい娼婦、ルペ。
競技に支障が出るため、恋愛は禁止というルールを無視し、
彼女にのめり込んでいくマノレテだったのだが・・・


★★★


実在するマタドール、マヌエル・ロドリゲス・サンチェスのお話だそうです。
30歳で亡くなってるんだって。

恋愛がご法度だった理由、それは、守りたい相手がいると自分も守りに入るから。
死んでしまったら愛する人と一緒にいられなくなる・・・と言う気持ちが、
競技に支障をきたす・・・って事なんだろうね。

闘牛は知っているけど、日本ではあまりポピュラーではないよね。
確かに私にしてみれば、何でそんな事するの?って感じ。
ちょっと気が緩めば、獰猛な牛さんに殺されてしまうかもしれない。
それを熱狂してみる観客に、何で?と思うのです。
ボクシングとか格闘技もしかり。
私は、野球もサッカーも熱狂できない人なので、
スポーツ好きになれば理解できるのかしら。

その闘牛のシーンが、明らかにボディダブルなのはしょうがないとして、
なぜマノレテ役がエイドリアン・ブロディ?
なぜスペインの役者さんを使わない?
なぜ英語?
となぜなぜが多かったけど、ペネロペちゃんが相変わらず美しいのでOKとします。



「君のことをマミータ(お母ちゃんの意)って呼んでるのはみんなに内緒ね」
マノレテがルペに言うシーン。
こいつは変態なのか?と思ったのだけど、それは最後のシーンで解決。
ふたりの愛が本物だった、という事ね、の伏線だったのね。

tag : 映画 マノレテ 情熱のマタドール

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム