本日の映画:白いリボン

白いリボン」('09・ドイツ=オーストリア=フランス=イタリア)。


地主である男爵が支配するドイツの小さな田舎町。

故意に張られた針金が原因で、乗馬中だったドクターが落馬し大怪我を負う。
程なくして今度は製材所で腐った床が崩れ、落下した小作人の妻が死亡する。
相次ぐ不可解な出来事に、村人たちは恐怖と不信感を拭えないでいた。

しかし収穫期を迎え、村人たちはその不信感も忘れ去り、
平穏な日々を取り戻していた。
そんな中、男爵の息子が何者かに襲われるという事件が起こる。
犯人の目星も付かず、またしても村人たちは不安に陥るのだが・・・


★★★


うわっ。そこで終わりにしちゃうのですね。

ミヒャエル・ハネケ監督の作品は今まで何本か見ていて、好きな監督のひとり。
でもね、見ると疲れる。混乱する。怖くてたまらなくなる。
血が滴るホラー映画より数倍ホラー。

敬虔な信者たちが住む村。
一見平和に見える人々の暮らし。
立ち止まって、目を凝らして耳を澄ましてみる。
扉の向こうでは村人の知らない何かが起こっている。
暴力にまみれた何かが。
でも村人たちは真実を知らされない。
知ったとしても声に出さず・・・

身体的な暴力よりも、言葉の暴力が印象に残った。
”黙って死んでくれよ”

衝撃。



白いリボンは純潔のしるし。
常に純潔であれ、と教えても、そうなるとは限らない。
あぁ、くわばらくわばら。

tag : 映画 白いリボン

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム