本日の映画:ゲンズブールと女たち(2013/3/14)

ゲンズブールと女たち」('10・フランス=アメリカ)。


ナチス支配下のパリに住むユダヤ人のリュシアン。
絵を描くのが好きな少年は成長し、美術学校に通いながらバーでピアノを弾いていた。

そんな彼の音楽が徐々に認められ、音楽家になることを決意したリュシアンは、
自身をセルジュ・ゲンズブールと名乗り、数々のヒット曲を世に提供し続ける。
名声を手に入れ、有名女優たちと浮名を流した彼だったが、
その破天荒な言動はスキャンダルとなり、彼をさらに有名にして行き・・・


★★★


容姿にコンプレックスがあったという、ゲンズブール。
そんなにブサイクじゃないのにね。
誰と比べて自分はブサイクだと思っちゃったんだろ。
実際、彼はモテモテ人生だった。
その才能と彼の魅力は色んな女性たちを虜にし、楽曲を提供してきたのよ。
ジュリエット・グレコ、フランス・ギャル、ブリジット・バルドー、ジェーン・バーキン、
バンブー、そして彼が一番愛した女性だというシャルロット・ゲンズブール。
今回はなぜか出てきてないけど、ヴァネッサ・パラディもそのひとりだよね。
そんな私も若い頃、彼が吸っていた煙草、ジタンを格好つけて吸っていた事がありました。
あぁ、淡いおもひで。

映画の内容と言うと、よくある自伝的映画とはちょっと違った感じ。
ひとつひとつの出来事をさらっと紹介、主要なエピソードを羅列してみましたー風。
ヘンテコなセルジュ人形?も出てきたし。
もっと掘り下げて全10話くらいで見てみたいですね。

BBのけだるい”ぼぉにぃぃぃ”が聞きたくなりました。



ジェーン・バーキン役のルーシー・ゴードンは、この映画の撮影後自殺してしまったみたいね。
残念。

tag : 映画 ゲンズブールと女たち

プロフィール

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム