本日の映画:記憶の棘(2012/7/21)

記憶の棘」('04・アメリカ)。


ジョセフと結婚を決めたアナの前に現れた10歳の少年。
彼は「ジョセフとの結婚は間違いだ」と彼女に言った。
彼の名前を聞いて激しく動揺するアナ。
それは10年前に死んだ夫と同じ名前だった。
そして彼は「自分は夫のショーンの生まれ変わりだ」と言う。

初めはその事に耳を貸さず、彼を拒絶したアナ。
しかし、彼の言動に彼女の心は揺れ動いて行く・・・


★★★


んで、最終的にどうオチたんですかね。
彼は本当にショーンの生まれ変わりだった?それとも違う?
私は違う方に1票!だったんだけど、何かちょっと引っかかる。
この映画には何か伝えたかった事がある感じなんだけど、
何でだろう、最後まで分からずじまいだった。
気持ち悪い。このモヤモヤ。

言葉ではうまく説明できないな。
これは単純に”生まれ変わり”うんぬんの話ではなくて、
人間のしたたかさや愛する気持ち・・・なんかを、
複雑に表現しているのかも。実はすごく深いのかも。

でも、キレておしりペンペンは失態でしょ、ジョセフ。



「プリズン」のアブルッチ登場。
”こわもて”じゃない役も可能。

tag : 映画 記憶の棘

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム