本日の映画:エーゲ海の誘惑(2012/4/5)

エーゲ海の誘惑」('08・ウクライナ)。


1920年中頃のギリシャ、レスボス島。
アメリカ人画家フィルと結婚し、この地にやってきたサッフォー。
ふたりは資産家である彼女の父が用意した豪邸に住み、
何ひとつ不自由のない生活を送っていた。

彼女には島に住むロシア人、ヘレンという友だちができ、
自分の名がこの地を有名にした女流詩人と同じだと聞かされる。
愛を詠うその詩に感化されたサッフォーは、
自分が彼女の生まれ変わりだと信じ始め・・・


★★★


純粋だったサッフォーは、この島の魔力に誘惑され、
”超”開放的な女子になっちゃう。
その開放的な姿はちょっとヤバイ域。
島では浮いてしまうと言われたけど髪を金髪に染め短く切り、
左肩(だっけかな)にタトゥーを入れ、
レズビアンになって、ヘレンに夫を誘惑させ、最後に自爆。
はしゃぎすぎたみたいね、サッフォー。

ちなみにサッフォー(サッポーとも呼ばれてるみたい)は、
愛に関する詩を書いていた実在の詩人。
ちなみにちなみに、
女性を愛したサッフォーの出身地、レスボス島は、
レズビアン発祥の地と呼ばれ、観光地になってるらしいよ。
ちなみにちなみにちなみに、
島の人はそれを歓迎してないらしい・・・

エーゲ海の誘惑 [DVD]エーゲ海の誘惑 [DVD]
(2009/11/11)
アバロン・バリエ、トッド・ソリー 他

商品詳細を見る


↑ジャケの人たち、本編に出てる人たちとは別人。

よくあるエロ映画と思わせる戦略です。

tag : 映画 エーゲ海の誘惑

プロフィール

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム