本日の映画:ウルトラヴァイオレット(2012/3/27)

ウルトラヴァイオレット」('06・アメリカ)。


近未来。
新種のウイルスによって、超人的能力を身に付けた者は
ファージと呼ばれ、人々に恐れられていた。

彼らを根絶しようと企む人間政府は、
一瞬でファージを絶滅させることのできる”最終兵器”を開発。
その情報を聞きつけたファージの地下組織は、
その兵器を奪うため、殺し屋、ヴァイオレットを送り込む。

そして”最終兵器”を手に入れたヴァイオレットは、
その正体を知り愕然とする。
それはまだ幼い少年で、
彼の体の中であるウイルスが培養されていたのだ。
12年前、感染した夫と子どもを亡くした過去を持つ彼女は、
”シックス”と名乗るその子を守ろうと心に誓うのだが・・・


★★★


元はアメコミ?と勘違い。違うらしいです。
冒頭で、パッパッパッと感染の経緯やら
ヴァイオレットの過去やらを説明してくれたんだけど、
その後、更にパッパッパッと話が進み、終了。

パッパッパッが私にはパッパッパッ過ぎたらしく、
ファージの苦悩もヴァイオレットの苦しみもあんまり理解できズ。
亡くした我が子をシックスと重ね合わせてるんだろうけど、
あんまり感情移入できズ。
敵役のおじさんの鼻についてた装置が見るたびに笑えるし、
最終的には金儲けがしたかっただけみたいだし、
ファージの寿命は12年でヴァイオレットはもう死んじゃうから
パート2はないと思うし。
「バイオハザード」的な面白さを期待してしまった私が悪い。
でもミラさんは相変わらずキレイ。



ヴァイオレットを助ける科学者?医者?役が、
マホーンことウィリアム・フィクナーだったのが唯一高ポイント。
吸血鬼みたいな”歯”付けられてたけど。

tag : 映画 ウルトラヴァイオレット

プロフィール

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム