本日の映画:運命のボタン(2012/3/21)

運命のボタン」('09・アメリカ)。


1976年。
ヴァージニア州に住むNASAの技術者、アーサーの家に
ひとつの小包が届く。

妻ノーマとその小包を開けてみると、
中にはボタンの付いた装置のような物が。
手紙には”午後5時にスチュワードが伺う”とある。

そして5時。時間通りに彼はやって来た。
彼の話では、このボタンを押せば、
彼らは100万ドルを手に入れることができるが、
その代わりに知らない誰かが死ぬという。
期限は24時間。
信じられない話にふたりは頭を悩ませる。
しかし金に困っていた彼らにはその金が必要だった。

そして5時15分前。
いまだ、半信半疑のふたりだったが、
悩んだ末にそのボタンを押してしまう・・・


★★★


ボタンを押すか押さないか。
どうする?どうする?って話で終わるかと思ってた。
でも案外初めの方でボタンは押されてしまう。
それからが随分ややこしいんだな。

よく意味がわからなかったのは、よくある知識不足?
哲学的なことや聖書を知らないとダメだよ系?
この行為の理由がわからなかったのは、私が編み物してたせい?

それにしても人間ってほんと、欲深い。
やっぱりうまい話には裏があるんだよね。



「ゴシップガール」のダン似のアーサー役のひと。
何だか見た目が若くて、キャメロンさんと夫婦役に見えなくて・・・
一瞬、息子役かと思っちゃったわよ。

tag : 映画 運命のボタン

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム