本日の映画:プレシャス(2012/2/16)

プレシャス」('09・アメリカ)。


ハーレムに住む16歳のプレシャスは、
2度目の妊娠がばれ、退学処分になってしまう。
そしてEOTOというフリースクールを紹介され、
自分の人生を変えるために入学を決めた。
容姿に自信が持てず、読み書きもままならない彼女は、
クラスの仲間に反発してしまう。
しかし女性教師レインの優しさに触れるうち、
人を愛することの意味を理解するようになっていった。

ある日、生活保護を受給するため、
福祉課の面接を受ける事になった彼女は、
面接官に今まで誰にも言えなかった秘密をぶちまける。

そんな中、ふたり目の子どもを出産したプレシャス
男の子の名前はアブドゥルと名づけられた。

母と決別し自立したいと考えるようになった彼女は、
息子と家を出ることにしたのだが・・・


★★★


これが愛なのか。愛って辛いものなのか。
プレシャスがいる現実はこれでもかってくらい酷い。

父からの性的虐待で子どもを身ごもったこと。
ひとり目の子どもはダウン症で祖母に預けられていること。
母からも日常的に虐待を受けていること。
そして生活保護を受けるために母が嘘をついていること・・・

これが本当に愛なら、愛なんていらない。
”愛”には色んな形があるんだろうけど、
これは愛ではないよ、プレシャス
見た目は大人かもしれないけど、彼女はまだ16歳。
子どものころから虐待されてきた彼女には、
「これが愛なの?」と思ってもしようがない。

でも一番助けが必要なのは、プレシャス母だと思うよ。



何年か前のアカデミー賞でも話題だった本作。
あんまりこういう事言うと「性格悪いんじゃないの?」と
言われそうだけど・・・あんまり感動しなかった。
そもそも感動を目的とした作品なのかはわからないけど。

その虐待加減が私にしてみれば非日常的だからかなぁ。
”いい映画だ”ってインプットされてたからかなぁ。
映画として見るなら、もう少し”救い”が欲しかった。私としては。

tag : 映画 プレシャス

プロフィール

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム