本日の映画:きみがぼくを見つけた日(2012/1/4)

きみがぼくを見つけた日」('09・アメリカ)。


6歳の時に事故に遭い、
その日を境に時間を旅する能力を身に付けたヘンリー。
以来、自分の意思に反し、過去・現在・未来と旅を続けていた。
父親以外は誰もその事実を知らない。
彼は愛する人とも一緒にいられない孤独な人生を送っていた。

ある日彼は、自分の事を知る女性、クレアと出会う。
彼女は彼の事情をよく知り、
「ふたりは結ばれる運命だ」と言うのだが・・・


★★★


時間軸があちこち行くのでかなりこんがらがります。
でもいいんです。
いちいち細かい所を気にしてたら楽しみ半減しちゃうし。
難しく考えてはいけないのです。

何故タイムトラベルしてしまうかの説明は一切なし。
これは純粋なラブストーリーなのです。
特殊な状況で愛し合うふたりの物語なのです。
だから難しく考えてはいけないのです。

この時間軸だけでも何人のヘンリーが存在するの?
1秒にひとり?だとすれば・・・1分に60人?
1時間で3600人?1日で・・・すごいいっぱいヘンリーだ。
そういう訳で難しく考えてはいけないのだな。

こういうのって、表にして理解したくなるんだよなぁ。



ヘンリーが親友になるゴメス君。
あなたSATCでキャリーの彼氏だったじゃない?

tag : 映画 きみがぼくを見つけた日

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム