本日の映画:抱擁のかけら(2011/8/12)

抱擁のかけら」('09・スペイン)。


2008年、マドリード。
かつて映画監督として活躍していたマテオは、
14年前に起きた事故で人生と視力を失う。
今はハリー・ケインと名乗り、脚本家として生計を立てていた。

ある日、大富豪エルネスト・マルテルの訃報を聞いた
マテオは激しく動揺する。
そんな中、ライ・Xという若手の映画監督が彼の前に現れ、
一緒に映画の脚本を書かないか、と誘われる。

ライ・Xの正体を知った彼は、
封印していた14年前の出来事を静かに語り始める・・・


1994年。
マルテルの愛人、レナは、女優になる夢を捨てきれずにいた。

最新作のオーディションにやって来たレナに
心を奪われたマテオは、彼女を起用。
ふたりは徐々に惹かれあっていく。

関係を疑い始めたマルテルは、レナを監視し始める。
映画の撮影が終わった直後、その監視を逃れるように、
旅立ったふたり。
しかし彼らには、ふたりを引き裂く哀しい運命が待っていた・・・


★★★

すっかり毒が抜けてしまった感じがする。

昔のアルモドバル監督の作品はもっと、毒毒しくて、
サディスティクで、エロティシズムほとばしる感じだった。

でもこの感じはこの感じで好き。
ペネロペさんはスペイン映画に出てる時が、一番美しいね。

基本的には愛と再生の物語。
それをちょこちょこっと寄り道して、ひとつの物語に仕上げていく。

大好きな監督のひとりです。



最新作は毒が戻ってきた感じの映画かな。
早く見たい!!

tag : 映画 抱擁のかけら

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム