野外劇団楽市楽座

15野外楽市楽座1s

15野外楽市楽座2s

15野外楽市楽座3s

15野外楽市楽座4s

15野外楽市楽座5s

15野外楽市楽座6s

15野外楽市楽座7s

15野外楽市楽座8s

15野外楽市楽座9s

手作りの回る舞台。
折り紙に包む投げ銭。
生演奏と生歌。楽器もいろいろ。(フライパンもあり)
目を引くメイクに衣装。
父母娘の3人で続けている旅。

去年の夏に初めて見てすごーく感動した「野外劇団楽市楽座」さん。
今年も会いに行けました。
春から冬まで大阪から車で移動する旅芸人。
今回は「バードフラワー」という物語。
役者の紅孔雀と母を探すカエル、そして死に場所を探しているフラミンゴ…
最前列で見る彼らの迫力のある舞台。

もう興奮。

また来年ね。

失神寸前

放心状態。

1020.jpg

あの人に…会える…!!
つづく。

世界が私を待っている

草間彌生さま。

世界中の新旧の芸術家の中で常に一番の存在。
一番尊敬し、一番崇拝し、一番愛してる芸術家。

愛情を込めて”彌生ちゃん”と呼ばせていただいてます。
とにかく恐ろしく素晴らしいのです。
ただただ”すごい人”なのです。

そんな最愛の彌生ちゃんの特番がありました。
世界が私を待っている」。
はい。私も待ってますよ。

今年で82歳の彌生ちゃん。
まだまだ現役。その才能とアイディアは衰えない。
ロンドンのテート・モダンが仕掛けた、
全世界を回る大展覧会のため、
新しく100枚の連作に挑みます。
これがね、ほんとにすごいの。
「私ってほんと天才」と本人が言うように、天才力発揮しまくり。
「この絵、素晴らしいわぁ」と本人が言うように、
出来上がった絵は目が眩むほど素晴らしい。

強迫観念や男性に対する嫌悪を作品に反映させる。
自殺願望をキャッチーにうたう。
宇宙に興味があるけど、宇宙には行かないって。
そんな時間あったら絵を描くって。

あぁ、彌生ちゃん・・・

草間彌生

愛してます。

tag : 草間彌生 世界が私を待っている

凸凹

先週の話になっちゃったけど。

凸凹展

フードテラスの2階でやっていた「凸凹展」へ。
旭川在住のアーティスト、アッコモンさん主催の
アトリエ凸凹の作品展。
去年はOKUNOでやってた記憶が。
その時は外から見て終わっちゃってたのよね~

生徒さんには大人もいるみたいだけど、
今回はコドモ!コドモ!コドモの世界!!
彼らの感性はホント、すごい。

アッコモンさんに説明していただいたひとつに、
”想像の怪獣を作る!”みたいなコーナーがあって。

まずひとりのコドモが紙を好きな形に切る。

別のコドモがその紙に怪獣を描く。

また別のコドモがその怪獣の名前と説明文を書く。

これがすごく面白い。
コドモってすごいよねーなんて言ってたけど、
こういう事を思いつくアッコモンさんも素晴らしいよ。


いつ、どのタイミングでこういう感性って無くなるのかしら。
きれいに○を描いたり。
線からはみ出さないように色を塗ったり。
計って揃えて完璧に作ろうとしたり。

”楽しければそれでいいじゃない”と教えられた感じだわ。

tag : 旭川 アッコモン 凸凹展

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム