FC2ブログ

5月の海外ドラマ

あんまりいないのかな、キーポードがカナ打ちの人。
わたしはずっとカナ打ちの人で、
わざわざ「か」を「KA」と打つのって無駄じゃない?
と、アンチローマ字打ちの人だったのです。

ところがある日、
「わ/を」のキーがおかしくなり、
「わ」が打てなくなったのです。
「わ」と打つと「を」になる。
かなりのストレスです。

でもそれだけでパソコン買い換えるわけにもいかず、
泣く泣くローマ字打ちに。
とてつもなくやりずらくて、
記事書くの大変…
なかなか慣れずに苦戦中です。


「捜査官エヴァ孤独の森終了!」

前に見ようと思ったけど、
理由があって見るのやめた記憶。
なんでだったか、忘れたけど。
7年前に娘が行方不明なった捜査官エヴァ。
父が亡くなり、久しぶりに故郷に戻ります。
と言いながら、実は娘の再捜索のため。
職権をちょこっと乱用しながら(笑)
再び起こった子どもの失踪事件。
エヴァは娘が誘拐されたと信じているのです。
それで捜査して、犯人みつけて…
な話だと、しばらく思ってたんだけど。
おや?だんだん話が…オカルト化。
え?そっち?と戸惑うばかり。
そしてどうもエヴァに感情移入できず、
一時期は「エヴァ、キライ」となったり。
だって、捜査官っぽくないんだもん、行動が。
でも最後のシーンは感動しちゃった。
森を見ると、
「ここに彼女が眠っているのかも」
と、遠い目になってしまう。
森は孤独。
だけど、いろんな事を知っている。


「NCIS:ニューオーリンズS4終了!」

あらーソーニャいなくなっちゃった。
なんかたまにいないから、他の仕事が忙しい?
とか思ってたんだけど。
ラサールとの関係も中途半端で終わっちゃったね。
「家族と過ごしたいから」
「共演者が嫌いだから」
「ギャラが…」など、
長く続くドラマは色々ありますね。
あ、脇役だったけど、
PDのおじさん(名前忘れた)も
いなくなっちゃった。
まさかここで殺しちゃう?
たまにでできて友好的な人だったけど、
特に好きでもなかったのに、
なんだろ、この喪失感。
さて、チームニューオーリンズ。
主役のボスがはちゃめちゃなドラマって
結構あるけど、キングさんもそのひとり。
市長を追い詰めることはできたけど、
命令系統無視しすぎて、停職。
でもね、そんなこと言ってたら話にならんのですよ。
ソーニャの代わり、誰になるのかなー。


「スーツS6終了!」

チェックはしてたんだけど、
なんか変な時間に放送してて、
うっかり見逃してたシーズン6。
イッキ見放送でようやく見ることに。
そして、こちらでも降板劇が。
ジェシカかぁ、知らなかったからびっくり!
7でマイクとレイチェルが降板、
っていうのは知ってたんだけど、
みんな家族が大事らしい。
スーツは撮影がカナダらしく、
さらっと帰れる距離じゃないもんね。
今回のメインはやっぱりマイクでしょう。
ハーヴィーのママンエピや、
ルイスの恋エピや、
ドナの「ザ・ドナ」エピもあったけどね。
前半は刑務所でのうんぬん、
後半は弁護士になるのかなれるのかうんぬん、
またみんな総出でマイクのためにあれこれ。
1個解決したら、また問題、
よし大丈夫だ!と思ったら、
誰かが裏切り、また裏切り…
もうマイク、姑息な手段はもういいから、
ロースクールからやり直しな、
と何度も言いました。


今月の新ドラマ↓

「POSE・S1」
「クリミナル・マインドS12」
「シカゴ・ファイアS6」
「シカゴPD・S5」
「LAW&ORDER:SVU・S20」
「ダークハート」
「捜査官エヴァ 孤独の森」←今月中に終了

シカゴシリーズ、くっつけてきましたね。
クロスオーバーの関係でしょうね、きっと。
んで、メッドは?ジャスティスは?

4月の海外ドラマ

クインにつづく私のアイドルがなかなか現れないな…


「ウォーキング・デッドS9終了!」

ドラマももうシーズン9。
色々中の諸事情が見え隠れしています。
まずはまさかのリック退場ね。
主役がいなくなるって、
しかもリックだよ?
大丈夫かなぁ、と思ったら、
案外、大丈夫だった(笑)
噂では映画で復活!らしい。
死んだと思ってるミショーンその他が可哀想。
そしてまさかパートツーはマギーね。
彼女はちょっとモメたとの噂。
さよならも言わずいなくなっちゃって、
何か残念。
リックがいなくなって6年。
その間わりと平和に暮らしてた皆さん。
やっぱり法と秩序は大切で、
自治体みたいなのもできてる。
んがっ!
現れたのはウォーカーの仮面をかぶった奴ら。
かなり病的な彼らのボスが何とサマンサ・モートン!
えっ!て声出ましたね。
今回も大量に人が死にました。
一番ショックだったのは、ジーザスかな涙
そして一番気になるのは、
ダリルとコニーの関係!


「HAWAII FIVEー0・S8終了!」

こちらも中の諸事情が…
ちなみにアジア人のギャラは低い、
と言う噂です。
アダムはどうなんだろ。
彼は日本人の血が入っていて、
めっちゃ人気があるんだよー、
と海ドラ友が言っていましたが。
人気があってもギャラはギャラなのかなー。
そんな訳で新しく入ったメンバーはふたり。
タニはまあまあいいんだけど、ジュニアがねぇ…
何かしっくりこんのです。
しかも大人気と噂のアダムは、
出番が多くなってました。
逆にあれ?今日もいない?
のは、ダニーね。
もうこの人いなくていいんじゃないの?
ってくらいどうでもいい存在です。
体力もなさそうで、あんまり動かないし。
やる気ないならやめちゃえばいいのに、
と思うけど、そうもいかないハリウッドなのかな。
ふたりの喧嘩のくだりとか、
レストランのくだりとか、どうでもいいよ、となったり。
そんなもろもろの事情で、
みるのやめるかな、と思ったけど、
どうだろ、シーズン9みて考えますわ。


「刑事モース〜オックスフォード事件簿〜S1、2、3、4終了!」

シーズンに分かれてるの気づかなくて、
そして一気に放送していたので最後までみちゃいました。
最近、イギリスドラマ、面白いです。
1986年から2000年まで、
「主任警部モース」というのが放送されていたそうで。
その彼の若かりし頃を描く物語、との事。
オリジナルモースの事は全く知りませんが、
これだけでも面白いです。
でも知ってたらもっと面白いよね、くー!
ちなみに原題のインデバー?エンデバー?
は、モースのファーストネームらしく、
オリジナルでは明かされてなかったみたいですよ。
機会があればオリジナルもみたいな。
さて、モースですが、結構不思議くんで。
そしてパーフェクトに見えてパーフェクトじゃない、
そこが魅力です。
物知りで頭はいいけど、恋愛は苦手。
モニカとうふふになった時は私も嬉しかったけど、
結構あっさり別れて、ジョアンへの恋心に気づく、
ってとこは、ちょっと嫌いになりました。
そこは誠実でいて欲しかった。
撃たれたり、危険な目に遭うと動揺したり、
(当たり前だけど)
人間らしいところはいいですね。
事件も入り組んでいて見応えあり。
シーズンは4エピくらいで1話90分ほど。
こってりみせてくれます。
まだ続いてるみたいなので、次が楽しみー!


「サバイバー宿命の大統領S1終了!」

みながら思わず文句が出ます。
だってジャック・バウアーにしか見えないんだもん。
しかも弱いジャック(笑)
まぁ、普通の人の役だからねー。
今回初めて「指定生存者」の事を知りました。
日本でもあるのでしょうか、その制度。
大統領含め内閣全滅したアメリカ。
大統領の器はあまりなさそうなジャックいやトムが、
「指定生存者」として大統領に就任。
え?オレ?なんて言っている間に宣誓。
これどーします?だいとうりょー?
あれはこうなってますけど、どうします?
だいとうりょー、これも決めてください。
と急に言われてちゃんとできる人なんています?
でも誰も待ってくれません。
そして一番はテロリストを見つけること。
ここは女ジャックに任せます。
でもね、こんなに用意周到のテロを起こした奴らが、
なんかね、そこまでやる人たちとは思えなくて。
それにエピのひとつひとつが、
なんていうの?プロパガンダ的に思えちゃったり。
でもめっけました、アーロンね。
オフの時の彼に萌えました。


「刑事カーディナル:記憶に巣食う虫・終了!」

雰囲気的に、静かだけどジーンとあとから来るタイプ、
のドラマに見えますが、
ただ静かなだけ?な場合もあります。
最初はね、インパクトがあったりするの。
このドラマ以外でもね、そういうのあるの。
森で見つかった女は頭を撃たれていて。
多分死んだと思われたんだろうね、
でも生きてたの、彼女。
記憶を失っていて犯人は不明。
誰だか自分でもわからないから名前は、
赤毛だからレッドにしとく。
ただ単にバイカー云々、
ドラッグ云々かと思ってたら、
あら、ちょっと違ったのね、な展開。
前回に続き犯人は、
ちょっと危険な心の持ち主でした。
残酷なのに残酷に見えないのは、
あとからジーンと来るタイプだから?
と思ったけど、ただ単に私の脳に響かないのかも。
奥さんの件でカーディナルに同情できないのも、
私的には必要ないエピだからかも。
あいつ、明らかに怪しいのに、
気づかないカーディナルにちょっと幻滅したのは、
私だけ?もうちょっとできる人だと思ってた!


今月の新ドラマ↓

「ナイトシフトS4」
「ミスター・メルセデスS1」
「アメリカン・ホラー・ストーリー:黙示録」
「THE CROSSING」
「刑事モース」←今月中に終了

事前情報が全くわからなかったアメホラ。
番宣みただけじゃ、さっぱりなんだか。

2月の海外ドラマ

アカデミー賞があった2月。
前代未聞の司会者なしということだけど、
どうなったんだろ(観てない。というかうちでは観られない)。
ちらっと読んだけど、新しいアカデミーの会長、
かなり人気ないみたいね…
公平で楽しいアカデミー賞がいいな。
あの最初の俳優いじり倒すトークも好きなんだよね。

アリーもフレディも観てないけど、そのうち機会があれば。
「ローマ」は面白そう。
「女王陛下のお気に入り」は、ふーん、と思ってたけど、
監督がなんと”あの”ヨルゴス・ランティモス!
パートナーがいないと動物にされたり、
外は危険、と教えられたりする映画を作ったあの方ですよ!
この流れで行くときっと、とんでもない物語だと予想。
すいません、ミーハーなんで。

それにしても去年ってエミー賞観たっけ、私?


「風の勇士ポルダークS2→S3終了!」

やっぱり毎日放送の罠にかかってしまいました。
いやいや、毎日放送だからじゃない。
気になるんですよ彼らの動向がぁぁぁ!
あれもこれもありすぎで時系列の記憶が曖昧ですが、
毎回イライラワクワクドキドキしながら観てました。
ジョージとの確執はもう、お決まりパターンなんだけど、
これでもかぁ!というくらい盛ってくるから楽しい。
イライラするけどね。
ジョージはほんと、陰湿にロスの事構ってくるけど、
そこまでしても判事になれたり、議員になれたり、
周りの人たちの見る目が疑われます。
まぁ、お金で票を買ったりしてるけどね。
ロスに対する気持ちを別のところに向けてほしいものです。
あ、それじゃドラマ的につまらないな。
エリザベスも可哀想なんだけど、なんかね。
愛とお金の問題はいつの時代も同じだね。
時代的にも仕方ないんだろうけど、
お金のため、権力のため、に結婚する、
それで好きな人諦めた人が何人いるんだろうね。
うまくやったのは、ドワイトとキャロライン。
このふたりには幸せになって欲しいわ。
でも、キャロライン、子供嫌いとか…嫌な予感。
一番の悲劇のヒロインはモーウェナね。
あの牧師、気持ち悪すぎるし!
妹も姉のために誘惑してるかと思いきや、
自分のためだったのかっ!
モーウェナ、もうドレイクと逃げちゃいな!
それにしても一時期の感情で、
エリザベスとお布団に入っちゃったロス。
デメルザとアーミテージの仲に嫉妬するロス。
あなたに彼女を説教する権利はありませんよ。
全く違うふたりの男を愛してしまったデメルザ。
やり取りは手紙。
愛の詩を送るアーミテージはロスとは真逆の男だね。
続けてシーズン4です。
さーどうなるふたりの関係。
そしてジョージとの対決が決着する日は来る?


「シャット・アイS1終了!」

ジェフリー・ドノヴァンaka元スパイ、マイコー主演で、
小悪党の占い師がという内容。
占い師かぁ…
「バーン・ノーティス」は結構好きで観てたし、
マイコーのイメージが強いからどうかな、と思ったのだけどね。
ジャック・バウワーもそうだけど、
弱いフリして実はわかってるんだろ?と思ってしまうのです。
しかも奥さん役が「プライベート・プラクティス」のシャーロットで、
その恋人役が「メンタリスト」のローレライだし、
イザベラ・ロッセリーニまで出てきて、あらら知り合い祭り。
嬉しいんだけどね、
前キャラのイメージが強いと慣れるのに時間が…
信じる者は救われる、とよく聞きますが、
私もあれば占い読んじゃうタイプです。
良いことはもちろん信じる(でも当たらない笑)、
悪いことは良いように解釈する。
お金はかけません。
でもお金を払うことを否定はしません。
「信じるものは救われる」法則だと、
高くない出費なのかもしれませんね。
でも悪い人は世の中にいます。
人の弱みにつけ込む奴らです。
チャーリーは元マジシャン。
人を操るのが上手です。
でも彼は個人事業主ではありません。
ボスはロマ一族。彼らに売上を上納しています。
でもある日、頭に怪我を負ったチャーリーは、
なんと本物の”能力”を手に入れることに。
自由になりたい彼は、
サブタイトルにもあるように"逆襲"を計画するのだけど…
まぁ、そんなに簡単にはいかないよね。
それにしてもあの変な薬で騙されないように、
気をつける、って気をつけるのは難しいな。


今月の新ドラマ↓

「刑事カーディナル 悲しみの四十語」
「風の勇士ポルダークS3」今月中に終了
「風の勇士ポルダークS4」
「9−1−1・S2」

「ユートピア」楽しみにしてたのに、
第3話目、録画し忘れた…
今度はいつ放送なの?ジェシカ・ハイドぉぉぉぉ

12月の海外ドラマ

あけましておめでとうございます。
今年もマイペースにドラマ&映画を見ていく予定です。
今年はハマるドラマに出会えるかなー。

そして年末に「ウォーキング・デッド」一挙放送があって、
見たいなー、とは思ったんだけど。
一挙に見るか…
考えただけでちょっとおかしくなりそう。
ちらっちらっと見たけど、
鮮明に覚えてること、全く記憶から消されてること、
いろいろあるし、キャストの若さに驚愕したりして、
あー、やっぱり見たいなーと思いました。
でも、でも、せめて、週に一話のペースでね。


「レジデント 型破りな天才研修医S1終了!」

医療ドラマも色々見てきました。
恋愛にうつつを抜かしていても、
人間ドラマの方が気になったりしても、
医者は医者の仕事してましたよね。
今回のこのレジデント、
”型破りな天才研修医”とサブタイトルが付いていますが、
型破りな天才研修医が闘う相手、
それは患者でなくて病院なのが特徴です。
医療ミスが死因になったりしている今の時代。
医療はビジネスらしいてす。
権力に酔う医者、患者=お金。
そして金の切れ目が治療の切れ目。
ああ、恐ろしい世の中です。
そんな病院ばかりではないと思うのですが、
このドラマの中の病院はそんな病院のひとつです。
ガンではないのに放射線治療、とか。
この患者はお金がかかるから他に回せ、とか。
セレブはウェルカム、ホームレスはアンウェルカム。
アメリカは保険制度も複雑らしいけど、
貧乏人は死ぬしかない、という感じでしょうか。
あーやだやだ。
あ、シーズン2もあるらしいです。


「ナンバーズ・S2終了!」

全13話だったシーズン1でしたが、
シーズン2になって全24話に。
人気出たんだなー、と推測。
ちなみにシーズン2の放送は2006年。
今見ると、レトロな携帯やパソコンだけど、
当時は最先端だったんだろーなー。
10年後には今の最新機器も「レトロだなー」と
思うんだろうね。
でも私的にはそんなに昔ではない2006年ですが、
今も昔も同じく事件は起きるのです。
そういうドラマだから仕方ないんだけど、
数学者の弟、チャーリーさん、
もうFBIになってしまえば?と思うほど捜査に協力。
彼なしでは解決しないのでは?なところも。
なかなかゴールしない恋ももどかしいですが、
全然恋愛ダメーなタイプではなさそう。
お兄ちゃん、ドンも、私生活が心配なタイプ。
これはドンのお相手か?と思ってたテリーの代わり、
ミーガンはラリーとムフフになるし。
犯罪ドラマの中の恋愛事情、大切なポイントです。
そしてシーズン1で何となく感じてたけど、
やっぱりちょっと飽きてくる(苦笑)
ここで一旦休憩、飽きてくるけどシーズン3待ってます。


「トリック 難事件はオレにお任せ終了!」

打ち切りでしたか…
ハマった!わけではなかったのだけど、
謎の部分が気になって楽しくみてたのに!
未解決の件を残して終わるのが一番辛いですね。
キャメロン/ジョナサン役の俳優さん、
今まで見たことなくて、誰?と調べてみたら、
まだあまりあちこち出てないイギリス出身の俳優さんでした。
え?そこにいたのに、なんであそこにいるのー?
えへ、実は双子でしたー。って他にも聞いたことあるけど、
片方は華やかな舞台に、もう片方は影武者的に生きている。
そんなふたりがある女に騙されて、
双子だということがバレちゃう。
ひょんなことから異種業の人が捜査に…
というのは他にも聞いたことがあるよね。
今回はマジシャンがFBI。
もうこうなったら歯医者とか、
古着屋の店員とかも協力しちゃう?
古着の知識、役に立つかな。
でもうまく考えたらそれも可能かもね。
最後まで名前が明かされなかったある女、
知り合い?と思ったら「ミスター・ロボット」に出てた、
あの、どこの国かよくわからなかった言葉話してたあの人ね!
せめて名前だけでも〜で終了。涙。


「NCIS:LA・S9終了!」

シーズン9までくると、色々起こりますね。
奥さんを亡くしたサムは、
仕事しないでボート暮らし。
そしてヘティは何と退職。
家とかも手放して、どこかへ行ってしまいました。
そこにやってきたのは新副局長。
モーズリーは、ヒドコという部下を引き連れて
LA支局に降臨。強そうです。
そして今までのヘティのやり方を否定するので、
みんな大変です。
そんなヘティ、悠々自適に過ごしてると思いきや、
昔の仲間を探しにホーチミンシティに。
ヘティ奪還エピは、最終話でもいいのでは?
と思ったけど、最終話はクリフハンガーにしたかったのね。
それにしても、子供のためとは言え、
みんなあんなに命をかけるなんてすごいです。
ってか、暴走してるモーズリーにイライラすることもなく、
「子供の命がかかってるから」なーんて、
どんなけ忠誠心が強いんだ、このチームは。
そしてヒドコ。ヒドコ?あれはヒドコ?
モーズリーは息子が帰ってきたことだし、もういいから、
ヒドコには残って欲しいです。
あ、任務に支障をきたすので、
ケンジーとディークスも別れていいです(笑)


今月の新ドラマ↓

「シャット・アイ 占い詐欺師の逆襲S1」
「サバイバー:宿命の大統領S1」

ごめん、きっとジャック・バウワーに見えると思う。

10月の海外ドラマ

あ、そう言えば、
と思って途中になってたグレアナをレンタル。
海外ドラマコーナーが広くなっていて、
映画より品揃えが多いのでは?な感じ。

ちなみによく行くレンタル屋さんは、
映画の品揃えが全然良くなくて、
新作で入荷してたはずなのに、
借りようと思ったらなくなってる、
というパターンが多い。

洋画コーナーの倍の倍くらいのドラマコーナー。
ふらっと見てたら、あれもこれも、
「あ、そう言えば」なドラマが。
でもいまいちどこまで見たか定かじゃない(苦笑)


「フィアー・ザ・ウォーキング・デッドS3終了!」

予想通りのイライラ感。
文句言いながら見るのも楽しかったりするのだけど、
求めてない展開を見るのってほんとイライラする!
でもいつか本家と繋がる日を信じて、見ています。
え?トラヴィス?と思ったけど、
いやいや、主役ですよね?その内誰かみたいに、
「生きてたよー!」となるのかと待ってたのですが。
次シーズンで?
哀しいくらいに共感できる好きキャラがいないこのドラマ。
そんな私の考えを少しでも動かしてくれるのは…
とまた待ってみたのですが、最後まで叶わず。
家族ー家族ーとうるさいマディソン。
何考えてるかさっぱりわかんない彼女の子どもたち。
ヴィクター?あんた一体何がしたいの?
不死身のダニエルもただの人殺しになってるし。
本家と比べてはいけないのかもしれないけど…


「グレイズ・アナトミーS12終了!」

だいぶ前に4話まで見て、
「なーんか違う」と思って見てなかったグレアナです。
見始めるとおもしろくて、すごい勢いで見終わりました。
キャストも入れ替わりが激しくて、
だいぶ様子の変わったグレアナ。
そしてまだ慣れないのは、クリスティーナの不在です。
毎度書いてるかもしれないけど、
クリスティーナとオーウェンのエピがないのが辛い。
しかも今回オーウェンは”あの”アメリアと結婚。
キャストも多くなってるので、
あっさりと結婚したなー、という感じ。
全然うれしくないし。
アリゾナとカリーもひどかった。
確かに自分で産んだ子だけど、
カリーの態度に「おや?こんなキャラだった?」と疑ったほど。
エイプリルとジャクソンは好きなので、
どうしてもくっついて欲しいと思ってました。
いい方向に行く?と思ったけど、
またいらない情報がネットニュースにて…


今月の新ドラマ↓

「ウォーキング・デッドS9」
「HAWAII FIVE−O・S8」
「BELOW THE SURFACE」

そう言えば、本家の放送前に終わらせようとしたのか、
2話ずつ放送してたな…フィアー。
そんな扱いもされています。
プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム