本日の映画:パレードへようこそ

「パレードへようこそ」('14・イギリス)

なーんかこの人見たことあるなぁ、あれーこの人も知ってるなー、
んーでも誰だったっけ?とずーっとそのことばかり気になって見てました。
見終わって調べてみたけどいまいち合致せず、モヤモヤ。
でも映画はちゃんと見てましたよ。
実話、ということで、泣く準備もできてたし。笑

1984年、サッチャー首相の時代のイギリス。
炭鉱閉鎖に抗議するストライキが各地で起こり、
警察による厳しい弾圧が行われていました。
炭鉱労働者の厳しい現状をニュースで知り、
彼らを支援しようと動き出したのが、ロンドンに住む若者、マーク。
ゲイである彼は仲間とともに”LGSM”=炭鉱夫支援レズビアン&ゲイの会
を立ち上げ、募金活動を始めます。

でも彼らには炭鉱夫の知り合いがおらず。
…という事で、労働組合に電話してみるけど、
”レズビアン&ゲイ”は認めてもらえず…
もうこうなったら直接聞いてみよう!
って事で、今度は炭鉱のある町にあちこち電話。
すると、ウェールズにあるディライスという町から受け入れOKの返事が。
でも町の人たち、”LG”の意味を知らなかったのです。

ところがその意味がレズビアン&ゲイだと知っても、
代表のダイは「そうだったんだー。」と偏見なく受け入れてくれたのでした。
メンバーも増え、町のパーティーに招待された彼らは、
意気揚々とディライスへ。
みんなの温かい歓迎が待ってるよ〜と思いきや。
町民の反応は冷ややか。
なんだこいつら。という視線。

でもおばちゃんと子供たちは違ったのです。
自分たちのために活動してくれている彼らを認め、
共に闘う決意をします。
でも中にはそれをおもしろく思わない人々が。
”ゲイ達が支援するなんて恥”だと、新聞社に密告。
そして偏見たっぷり記事が書かれ、マークたちは窮地に立たされるのだけど…

ゲイの文化が進んでいるかと思ってたイギリスだけど、
80年代はまだまだだったらしい。
ボーイ・ジョージとかデヴィッド・ボウイとか人気だったはずなのにね。
路上でチューしてるだけで刑務所に入れられたと言うからビックリ。

この物語に出てくるみんなはそんな時代に生きていた若者たち。
国民全員が偏見を持っていた訳ではないけど、切ないね。
先にも書いたけど、彼らを受け入れたおばちゃんたちが最高でした。
あれくらいおおらかに生きてると、人生何倍も楽しくなりそう。



ストの翌年、何度も廃案になっていた
同性愛者の権利を盛り込む議案が検討されて、
ついに可決されたそう。
可決を決めたのは「全国炭鉱労働組合」の全会一致の支持。
みんなのその後も涙腺崩壊。

本日の映画:不機嫌なママにメルシィ!

「不機嫌なママにメルシィ!」('13・フランス=ベルギー)

3人兄弟の末っ子、ギョーム。
3人目は女の子が欲しい、と思っていたママンの願い叶わず生まれてきた彼は、
ママンによって”女の子”として育てられます。
元からそうなのかそう育てられたからなのか、
”男の子なら好き”な事には全く興味もなくどちらかと言えば苦手で、
”女の子なら好き”な事を好み、お姫様ごっこは大好き!な子供時代を送っていました。

いつも女性を観察し、立ち振舞い方や話し方などを勉強。
ママンの物まねも得意で、祖母やパパまでも本人と間違えるほど。
いつもタバコを吸って不機嫌だけど、
クールでステキなママンを尊敬し愛している。
ママンも態度は冷たいけどギョームの事を心から愛している。
ふたりの関係は良いのだけど、問題はパパ。

パパは、ギョームが日に日に女らしくなっていくことを心配し、
彼を男ばかりの寄宿学校へ入学させることに。
ギョームにしてみれば地獄。
”オカマっぽい”彼は恰好のイジメの的。
次に転校したイギリスの学校では、
唯一自分をかばってくれる男の子に恋したものの、
彼は”本物の女の子”が好きらしい…

彼がショックを受けたのは、家族が彼を同性愛者だと思っていること。
大好きなママンでさえも。
違うのに、ぼくは女の子なのに…
ってか、ぼくって何?男の子?女の子?ゲイなの?
こうしてギョームの”ぼくは何者?”を探す旅が始まるのです。

面白い見せ方です。
まずこの作品は、フランスの国立劇団「コメディ・フランセーズ」の団員である、
ギョーム・カリエンヌの自伝的物語とのこと。
主役のギョームはギョーム本人が演じてる。
おじさんなのに子供時代もご本人が演じてるのがおもしろい。
そして何と不機嫌なママンもギョーム本人が。
これがすごい。
歌舞伎の女形のようです。
これはきっと物語にもあったように、
彼自身が子供の頃に習得したものなんだろうね。

作品を見る限り、
ギョームはつらい体験もポジティヴに乗り越えてきたように感じるけど、
実際本人がどういう思いをしてきたかはわからないよね。
冒頭、メイクを落とし素顔になった彼が少し緊張しながら語り始めたこの物語。
ギョームに乾杯。



原題の「男の子たちとギョーム〜ご飯よ〜」。
ギョームは何者?
ギョームはギョーム!

本日の映画:ビル・カニンガム&ニューヨーク

「ビル・カニンガム&ニューヨーク」('10・アメリカ=フランス)

作られたファッションフォトも好きだけど、
見て楽しいのはやっぱりストリートスナップ。
そのファッションスナップを50年以上も取り続けていたのが、
今回の主役、ビル・カニンガム。
撮影当時は80歳くらい?
頑固一徹、気難しいおやじ?なんて勝手に思ってたけど、
現れたのは笑顔がキュートなお茶目なおじさま。

雨の日用の安いポンチョは、すぐ破れるけど黒テープで修繕。
トレードマークの青いジャケットは、
フランスの清掃業者のユニフォーム。スーパーで買える。
カーネギーホールの小さなスタジオに長く住み、
そこにあるのは大量のネガが入ったキャビネット。
ベッドは簡易的に手づくり。
料理はしないからキッチンはいらない。
食べ物に興味がないから安いハンバーガーとコーヒーでいい。
移動は自転車。
28台盗まれて今は29台目。
仕事中は飲み食いしない。そう決めたから。
美しいと思うものはそれがゴミ袋であれカメラに収める。
日曜日には教会へ。
勤勉なカソリックの家庭に育った。
金は受け取らない。自由が奪われるから…

ただのお茶目なおじさまではない。
ファッションが好きで、仕事に熱心、謙虚だけど野心家。
そしてなによりも美しい物が好きで好きでしようがないのです。
すごいのは、それが超セレブであっても、
美しい!と思わなければ黙殺する、ということ。

本当はこういう自分自身の日常をみせるのは好きでないらしく、
映画が完成するまで説得に8年、撮影に2年かかったそう。
本編には出せない、色んな事があったんだろうな…

最初から最後まで私の琴線に触れまくりで、
感動して泣きながら見てました笑
残念ながら去年の6月、87歳で亡くなってしまったけど、
彼の残した功績はこのまま語り継がれるでしょう。
もう新しい写真は見られないのが残念。
一枚残らず、見てみたいな、彼の撮った写真。



サイル・ウパデアヤという元ネパール国連大使が衝撃!

本日の映画:ニューヨーク恋泥棒

「ニューヨーク恋泥棒」('91・イギリス)

ボウイ好きの相方曰く「演技してるのは見たくない」んだそう。
私ははるか昔に「ラビリンス」を見たけど、
その時はデヴィッド・ボウイとして見ていなかったと思う。
最近では「ハンガー」で吸血鬼の役やってて、
ミステリアスな風貌にはミステリアスな役が合うなーと記憶。
「ラビリンス」も「ハンガー」も人間役じゃないけど、
そういうのが適役だな、彼は。
でも今回彼が演じたのは”普通の人間”。
しかもちょっとダメな人間。魅力が激減…

舞台はニューヨーク。
「ダリ」というクラブでウエイトレスをしているルーシー。
彼女の夢は憧れのフーディーニのようなマジシャンになること。
色んなフーディーニグッズを集めているフーディーニおたくの彼女が
今一番ほしいのは彼が大切にしていたという指輪。
そのお値段5000ドル。
そんなお金はもちろん持っていない。

「ダリ」でバーテンダーとして働き始めたイギリス人のモンティは、
そんな彼女に突然、結婚を申し込みます。
しかも金曜日までに必ず、と。
怪しさ満点。
グリーンカードのため?
しかもクラブの強盗を計画してるっぽい。
ますます怪しい。
でも実は、ルーシーもクラブ強盗を計画していたのでした。

どうしても結婚しなければならない男と、
強盗の相方が欲しい女。
ふたりはとりあえず意気投合。
ルーシーの友人、ヴィヴィの力を借り、計画実行!
するのだけど…

オフビート作品ということなんだけど。
ものすごく盛り上がることもなく、ものすごい見せ場もなく、
(一応最後のルーシーの大マジックが成功してイエーイ!は、
見せ場のはずなんだけど結構あっさり)
よかったね、な感じで終了。
まあ、いっか、オフビートだし。
ヴィヴィの作るへんてこな服や、へんてこな強盗(2回も!)、
女の子のファッションも可愛いから、許す。



受付嬢のジャネットは「Lの世界」のジョディだね!

本日の映画:汚れた血

「汚れた血」('86・フランス)

まず。
この作品「けがれたち」と読むんだけど、
ずっと「よごれたち」だと思っていました。
そして主演はジュリー・デルピーだと思ってたのだけどこれまた違うのね。

ゴダールの再来と呼ばれている(今も?)レオン・カラックス監督の、
アレックス3部作の2作目ということです。
1作目の「ボーイ・ミーツ・ガール」は未見、
3作目の「ポンヌフの恋人」は日本でもヒットしてたよね。
すべてドニ・ラヴァンが”アレックス”という役名を演じている、
ということだけど、アレックスは同一人物ではないみたい。

今回のアレックスがいるパリは、
彗星が地球に接近中であともう少しで21世紀、
ここでは”近未来”ということになってる。
”STBO”という、愛の無いセックスで感染する病気が流行ってて、
若者の方が感染力が高く危険だという。

そんな時代に、アレックスはトランプ賭博でお金を稼いだりしている。
恋人リーズのことはそれなりに好きだけど、
今の生活は完璧ではないなと漠然と感じていた。
そんなある日、亡き父が残した多額の借金の事を、
父の友人マルクから聞かされた彼は、
唯一作られたSTBOの治療薬を盗む計画を立てます。

リーズを捨て、マルクの元へ向かったアレックス。
そこで彼は運命の女に出会います。
現実世界に住んでいないような不思議な雰囲気漂うアンナ。
でもその愛はなかなか彼女に届かず。
ふわふわ漂うような彼女をただ見守るだけなのでした。

ぶっちゃけ、彗星が近づいてるとか、もうすぐ新しい世紀になるとか、
病気が蔓延中とか、そんなのあまり重要じゃないみたい。
特殊な状況にいるけど、物語の中心は、愛。
愛がそうさせて、愛のために、愛するがゆえに、愛があるから〜、
と物語は動く。

印象に残ったのは、果物が上から落ちてくるシーンと、
ジュリエット・ビノシュ演じるアンナが、
唇くねらせてふーっと息を吹いて前髪を揺らすところと、
ジュリー・デルピーの無垢な感じの美しさ。



見て感じろ系なので、それでよし。
プロフィール

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム