本日の映画:アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー

「アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー」('15・アメリカ)

ここ最近、こういうファッションアイコン的な人のドキュメンタリーって
多くないですか?私が気にしてるだけ?

アイリス・アプフェル、この時で94歳だから今は95?96くらい?
ちなみに夫、カールは、劇中で100歳おめでとー!
と言われてたから、100歳は過ぎてる。
亡くなった、という話は聞かないからまだ現役のはずね。
監督のアルバート・メイスはこの作品を最後に亡くなっているみたい。

巨大なメガネに大ぶりアクセサリーを重ねづけ。
その姿はよく雑誌とかで見ていたけど、動く彼女は初めて。
1950年代から今までインテリア・デザイナーとして活躍していて、
カールと共に設立したテキスタイルの会社も大成功。
かのジャクリーン・ケネディからも、仕事の依頼があったそう。
彼女のチャームポイントである個性的なお洋服は、
コレクターとも言えるほどの宝の山。
洋服はもちろん、アクセサリーも。
アクセサリーはチープな物ほど魅力を感じるそう。
「これが15ドル?高い!高い!」
お金持ちでも値切ることを忘れず。

そして驚愕だったのが、巨大な倉庫を借りるほど所有する、
モノ、モノ、モノ!!
絵画や置物、彼女の目にかなったもの、が所狭しと並んでいて。
ときめいた物は手元に置いておきたい、彼女の気持ちわかるわー。
それらを売ると決めた彼女、切なそうだったな。

アイリスが有名になり始めたのは意外にも遅くて、
2005年にメトロポリタン・ミュージアムで開催された、
彼女のファッションコレクションの展示会から。
なんでも、開催予定だった展示がお流れになって、
広告費も出ないまま企画された物だったとのこと。

体は前みたいに動かないけど、
仕事が好きで人が好きで、何よりファッションが好き。
個性的で強烈なマダムたちがたくさんいる。
私も目指したいな。



大屋政子的な?

本日の映画:モデル〜欲望のランウェイ〜

「モデル〜欲望のランウェイ〜」('16・デンマーク)

これも一種の”教訓作品”かな。
いや教訓というよりはドキュメンタリー?
こういう事って実際ありそうだし、
私自身は経験したことないけど風の噂では聞くしね。
でも本当のところはどうなのかしら…

デンマークに住む16歳のエマはトップモデルになる夢をかなえるため、
パリへとやって来ました。
ちゃんとしたエージェントに所属しているらしく、
初仕事は今をときめく若手カメラマン、シェーンとの仕事。
でもエマ、かなり無愛想でぎこちない。
これじゃ仕事にならん!とシェーンは彼女をクビにしてしまいます。

モデル下宿のルームメイト、ゾフィアはそんな彼女を元気づけようと、
ふたりはクラブへ繰り出します。
そこで再会したのがシェーン。
仕事のためか本当に惹かれたのかわからないけど、
エマは彼に猛烈セックスアピール。
シェーンも結構乗り気。
ふたりは恋人同士になるのでした。

そこからは絵に描いたような展開。
今をときめく若手カメラマンを手に入れたエマには、
次々と最高の仕事が舞い込みます。
彼女も自信がついたのか堂々と仕事をこなし、
ものすごい速さで売れっ子モデルに。
前妻との間にひとり娘がいることにちょっと嫉妬したけど、
「愛されているのは私」とシェーンにのめり込んで行きます。

でも故郷に残してきた恋人が突然訪ねてきたり、
そういうつもりじゃなかったのに浮気しちゃったり、
誘惑や裏切りが彼女の心を蝕み、
だんだんシェーンも、あれ?とエマの言動に疑問を持ち始め…
「妊娠した」なんて嘘ついちゃったりして、年齢詐称もバレ、
かなりヤバイ女になっていき。
そんなもんだから、ルームメイトにも裏切られ、
モデル下宿の管理人のおじさんにレイプされ思わずぐさっ…

警察のお世話になるまで堕ちてしまったエマ。
デンマークに帰り、パリ前の普通の生活に戻る。
そんな時に来たシャネルからの仕事のオファー。
どうするよ?エマ…

なんかおとなしくて純粋な田舎からきた才能のある女の子。
って感じだったけど、やっぱり16歳。
まだまだ経験値が足りなかったよう。
でも年齢は関係なく、歪んだ野心がある人なら、
こういう泥沼にハマっちゃうのかなぁ。



私も気をつけます。

本日の映画:サンドラの週末

「サンドラの週末」('14・ベルギー=フランス=イタリア)

心の病気で療養中だったサンドラは職場復帰をしようとしてたけど、
解雇宣告を受けてしまいます。
レストランで働く夫の給料では、
せっかく手に入れた家のローンも払えないし、
ふたりの子供も養えない。
社長は、
「他の社員にボーナスを支払うためには、誰かを解雇しなければ」
と言う。
でももし過半数の社員が、
「ボーナスはいらないからサンドラを雇って」
と言ったら彼女は仕事に戻れる。
投票は週明けの月曜日。
仕事を失えないサンドラは16人の同僚たちを説得することに。
そして長い週末が始まったのです。

小さな町のソーラーパネル工場で働いているサンドラは、
もし解雇されてしまうと他に仕事を見つけるのが難しい。
彼女がいない間、16人で仕事が回ってしまった、
というのが「ひとり減らす」理由らしい。
ボーナスか仲間か。
難しい選択を迫られる同僚たち。
サンドラと仲良しってわけでもないので当然ボーナスを取る人もいる。
仲良くても、このボーナスで滞納している公共料金を支払うとか、
家のリフォーム代に考えていたとか、みんな切実。

そんな彼らに「ボーナスより自分を選んで」と言うのは、
相当勇気のいること。
この人はボーナスを選んで、次の人はサンドラを選ぶ。
サンドラもギリギリ。
一緒に見ている私の神経もすり減っていく。

もう限界。疲労困憊。あーもーヤダ。こんなことやめたい…
でも彼女には守るべき家族がいる。
愛する夫や支持してくれる仲間に支えられ、
長い週末が終わり、そして…

私だったらこんなことできるだろうか。
考えただけでも胃が痛い。



サンドラの目の下のくま見てるだけで辛い。
でも私がいなくても地球は回る。

4月の海外ドラマ

「グレイズ・アナトミー」を見るために、
DVDレンタルを利用しているのだけど、
字幕が選べるのがいいですね。
もちろん日本語字幕で見ているけど、
2回目を英語字幕で見ると
「ははーん、そう言ってるのか」ってのがわかるし、
字幕なしで(気合入れて)見るとすごく英語の勉強になる。
でも1話を3回見る、なんて1週間レンタルでは難しいから、
DVD欲しいなーなんて思っちゃう。

「ツイン・ピークス」が大好きで、
昔はそんな機能はなかったから字幕のとこに紙貼ってたな笑


「グレイズ・アナトミーS9終了!」

銃撃事件の時のクリフハンガーもそうだったけど、
新シーズンになってそこから始まらず、数ヶ月後、
ってのがグレアナなのね。
なので今回も飛行機事故からしばらく経ってるみたい。
あれから何があった?どうなった?
ってのは小出しで説明があるけど、
実際にどんな感じだったかはご想像にお任せ。
クリスティーナがオーウェンに説明するシーンがあったけど、
1週間も助けが来ず過酷すぎる状態だったのは伝わった。
レクシーは前シーズンで降板、マークも降板。
このふたりがいないと寂しいなー。
新しいインターンたちがやってきて、
メレディスたちはアテンディングに。
ハーバードは行かなかったのね。
デレクの手は復活してなくて、アリゾナは片足切断。
アレックスはホプキンスには行ってなくて、
クリスティーナはメイヨーに…
一番好きで一番気になるカップル、クリスティーナとオーウェンは、
今回もいろいろごちゃごちゃ。
愛し合ってるけど離婚。
訴訟のためでもあったけど、離婚してからさらにラブラブなのが嬉しかったな。
その訴訟で彼らが勝ち取ったのはひとり15億円の賠償金。
でもそのせいで病院は破産寸前に。
ペガサス社に買い取られようとしていたグレイス・マーシー・ウエストが、
もう崩壊寸前!のところで、
救いの手を差し伸べたのはエイヴリーのおかあちゃん。
おかあちゃん、息子に高価なプレゼントをあげたのでした。
メレディスたちが理事になり、
病院も「グレイ・スローン」に。
個人的にはエイヴリーとエイプリルがくっつかないのがイライラだけど、
そのイライラも解消される日がくると信じてます。
(youtubeで見たくないもの見た)
飛行機事故にはかなわないけど、シーズンフィナーレもまたまたクリフハンガー!
今度はリチャードかっ。
ええ?またまたメレディス???
ヘザー役の人は「ヴェロニカ・マーズ」のマックスね!


「クリミナル・マインドS8終了!」

エミリーがいなくなり、新しくやってきたアレックス・ブレイク。
エルのあとにエミリーが来た時、
「うーん、ちょっとしっくりこないなぁ」
なんて思ったりしたけど、
今ではエミリーのいないBAUはありえない!と感じるほど。
「こいつやれるか?」と、上から目線で警戒してたけど、
あらあら、とってもいい感じ。
さら〜っと馴染んでいきました。
相変わらずサクサク事件を解決するチームなんだけど、
これ!と言って記憶に残る事件が、ない。
凶悪事件をあっそ、と見ちゃう私。ちょっとまずいかしら。
一応クリフハンガー的に作られた最終話も、へーって感じ。
それよりもプライベート、特に恋愛話が記憶に残ってるな。
ロッシはまさかのストラウスと交際。
ホッチはベスとラヴラヴだけど彼女が仕事でニューヨークにお引っ越し。
そうそう、ホッチの弟も久々に登場。
ブレイクに旦那さんがいたのもびっくり。
よくあるキャリアでもめちゃう夫婦。
そして何と言ってもリードに彼女ができたー!
って言っても会ったこともない電話だけの相手。
出てきたと思ったら「レバレッジ」のパーカーで、
どうしてもパーカーにしか見えなくて最後まで残念。
しかも犯人が「ゴシップガール」のジョージーナだったのもすごく残念。
シーズン1から4くらいまでの「めっちゃ面白い!」
がなくなっちゃったけど、きっと次シーズンは…
と淡い期待を抱いてみる。


「ウォーキング・デッドS7終了!」

見るのが辛い…という視聴者が増え視聴率が下がったという噂。
わかるわー。辛いのよ。ほんと辛い。
あの恐怖の「いーにーみーにーまいにーもー」の結果。
あぁ…エイブラハムだったかぁ…と落ち込んでいると、
え?!何今!!なんてこったいー!!
一度死んだ!と思って涙まで流したのに、
えへへ死んでましぇーん!だったグレンがぁぁぁぁぁぁ。
しかもダリルがニーガンに連れて行かれて、まさかの爆音拷問。
さすがのダリルも心が折れちゃうよぉ。
リックも限界。
ニーガンの要求をのみ、彼らのために物資を提供することに。
ニーガンの中の人「グレアナ」にも出てた役者さんで、
たまにいい人に見えちゃうんだけど、嗚呼極悪。
今までもたくさん極悪人がいたけどこの人は、
リック含めみなさんの戦意を一瞬のうちに喪失させちゃう。
このままひれ伏しちゃうの?
いやいやそんなことはさせません。
アレキサンドリア、ヒルトップ、そして王国の住民たちが力を合わせ、
ニーガンを倒そうと計画。
プラス、ひとりひっそり暮らしていたキャロルも参戦、
タラが出会ったオーシャンサイドから武器を(無理矢理)借り、
瓦礫の要塞の人たち(正確な名前がわからなかった)の協力も得、
ニーガンに立ち向かう準備を整えていく…のだけど!!
登場人物はいなくなる人も多いけど増えていくばかりで、
なかなか名前と顔が一致しないけど、
こんなけいれば勝てるよね?ね?ね?
最後のサシャの姿に涙腺崩壊。
それにしてもカールがますます大人に。


「24:レガシー終了!」

ジャック・バウアーのいない24。
CTUは出てくるけど、みーんな知らない人。
クロエもいないし、24話ないし、全く別のドラマ。
唯一トニーが出てきたけど、いまいちパッとせず。
(出てきた時は、お!と思ったけど)
特殊部隊時代にイエメンで秘密任務に就いていたエリック・カーター。
テロリスト、ビン・ハリードの暗殺に成功した彼は英雄になり、
今はアメリカに戻り、妻ニコールと暮らしていました。
でもある日、その任務に就いていた仲間が次々と殺されてしまいます。
そしてエリック自身も敵の襲撃に。
彼は秘密任務を指揮していた元CTU局長、レベッカに連絡。
調べを進めるうち、
アメリカ本土でのテロが計画されていることを知るのです。
あーこれはまずい!
本家っぽく、こいつが裏切ってこいつが首謀者で、
かと思ったら実は下っ端で、そして…な展開が続きます。
でもあんまりハラハラしない…
ええー!お前かぁぁぁぁ!的なのを期待しすぎたせいかしら。
だって本家はありえなーいありえなーいな感じがすごかったから。
なんかね、キャラもみんな好きになれなくて…
エリックは「ウォーキング・デッド」のヒースだし、
(見た目は全然違うから違和感ないけど、
ヒースなんだ…という目でしか見られなくなった)
マリアナはエドガーのいとこって設定だけど無理矢理感あるし、
何と言ってもレベッカですよ!!
この方「HOMELAND」のアリソンなんですよ…
だから、こいつきっと裏切るな。いやこいつが首謀者だな。
とずーっと思いながら、見てたのです。
もうアリソンにしか見えなくて、
拉致された時も、下手な芝居しやがって、なんて思ってしまう始末。
だって悪い人にしか見えないんだもん。


「リミットレス終了!」

映画「リミットレス」は未見だけど、
これはこのままで十分楽しめました。
でも打ち切り終了、と言うことでなんだか不完全燃焼。
もう少し掘り下げて見たかったなー。
メジャーになりたいけどマイナーなままの”自称”ミュージシャン、
ブライアン・フィンチ。
定職にもつかず、親からも呆れられるルーザーな男。
そんな彼は友人イーライと久々に再会。
「NZTー48」という脳を活性化するドラッグをもらいます。
飲んでみると、ありゃ~、これはすごい。
自分が自分じゃない感覚。
頭は冴え、記憶と言う記憶が頭の中を駆け巡る。
ところが薬の効果が切れると激しい頭痛と吐き気が。
その副作用をなくす注射を与え、
ブライアンを「特別な存在」にしたのが上院議員のモーラ。
能力を買ったFBIは彼をコンサルとして雇い、
ブライアンの新しい人生が始まります。
でもそれは嘘を重ねなくてはならない人生。
モーラの手下になった彼(イヤイヤだけど)は、
FBIの相棒レベッカにも、家族にも嘘をつかなくてはならなくなり。
元がいい人だから、うまい具合にいかなかったりします。
レベッカ父も元NZT使用者で亡くなっていたり、
FBIはブライアンになぜ副作用がないの調べたり、
モーラ議員の手下、サンズがあれやこれや絡んできたり、
同じく使用者のパイパーと解毒剤を作ろうとしたり…
元々13話の予定が22話になったそうです。
一時期は人気沸騰したの?
最終話に近づくに連れ、
サンズがクーデター起こしたりしておお!と思ったけど、
カナダ?氷河?最終的には金なの?モーラはどこ?
ちょっと”…”な結末。


今月の新ドラマ↓

「タイムレス」
「クリミナル・マインドS9」
「プリズン・ブレイクS5」
「THE FALL・S3」
「グレイズ・アナトミーS10」

マイコーが帰ってきますね。
とは言っても、シーズン4は1.3倍速で見ちゃうほどだったので、
どうなるかしら。

本日の映画:インモラル・ガール〜秘密と嘘〜

「インモラル・ガール〜秘密と嘘〜」('15・セルビア)

「インモラルガール」というよりは「インモラルボーイ」だな。
でも「インモラルボーイ」より「ジェラスボーイ」の方が近いな。
だってガールはインモラルでなくて、ボーイがジェラスだもの。

大学生のヨヴァンは、今の日本にはあまり生息していないと思われる
”肉食”な男子。
親友ミランと”何人とヤッたか”とか”どこまでヤッたか”などなどを
競い合ってる。
そんなヨヴァン。
ある日マヤという本屋の店員に出会っていつも通りにポイントゲット。
会ってセックス、の関係を続けていたけど、
だんだん彼女のことが気になり始めます。

「わたしもあそびよ」
と言われていたけど、彼女のSNSをチェックし、
どこにいて誰といて何をしているのか、を調べまくるヨヴァン。
彼女の行動に謎な部分もあり、すべてを把握できなくてイライラ。
しまいには「ほかにおとこがいるのでは?」と疑い始めます。
あれま。
あそび?じゃなかったっけ?

マヤを責める権利はないはず。
でも責め立て腹立ててただの嫉妬した彼氏みたいになってる。
あらあら。
せっかく決まった仕事も手につかず、あれじゃきっとクビね。
素直に「好きだから付き合おう」って言えばいいのに。
親友の手前、プライドが許さないのか。

でもマヤ。
普通の女の子に見えて実は秘密が多い。
ヨヴァンでなくても見ている側を疑心暗鬼にさせる行動ばかり。
あまり詳しくないんだけど、自分の位置情報って自分で名前つけられるの?
「パナマ」だの「てんとうむし」だの、
行ってみるとマンションだったりバーだったり。
黒い車の男、一緒にバーの階段を降りていった男、
ボヤンからのメール、「てんとうむし」の夫婦、
マヤが昔住んでいた場所、死んだ母、しばらくあっていない父。
ヨヴァンほどではないけど途中からマヤのことが気になる気になる。

そして姿を消したマヤはいずこ…



そろそろ「インモラル」ってつけるのやめません?
プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム