本日の映画:TOKYO!

「TOKYO!」('08・フランス=日本=韓国)

レオス・カラックス監督の
「ホーリー・モーターズ」で見た”メルド”が見たかったし、
ミッシェル・ゴンドリー監督、ポン・ジュノ監督が東京を舞台に作った、
と言うのも面白そうだし、
日本人を起用している、というのも興味深かったのです。

でもこの3人だから”普通”ではないのはわかっている。
よくある”ザ・日本”な描写がなくて安心。
それぞれの東京のイメージ、摩訶不思議な3つの物語。

①インテリア・デザイン→ミッシェル・ゴンドリー

大きな会社に勤めるほど部屋は狭くなる。
ヘンテコな(アート系ともいう)映画を撮る恋人、アキラと、
東京にやってきたヒロコ。
住む部屋を見つけるまで狭い友人宅に居候。
肩身は狭い。
でもなかなか決まらない新居。
窓を開けると猫の死骸がいたりする。
でも”オススメ物件”らしい。
仕事も必要。
アキラは雇ってもらえたけど、ヒロコはダメで。
「志が低い」だの言われたり、
アキラを影で支えているのに誰も気づかないし、
友人との関係も雲行きが怪しくなってきた。
んもー!私って何?と悩んでいるヒロコ。
そんな彼女、ある日突然、胸に穴が開いてしまい…

②メルド→レオス・カラックス

下水道に住むメルドが東京に上陸!
ヘンな見た目、ヘンな行動、聞いたことのない言葉。
花を食べる彼は、下水道から街に出て人々をパニックに陥れます。
人のタバコ盗んだり、財布のお金食べちゃったりしていたメルド。
地下で見つけた大量の手榴弾を持ち出し、
街で次々と爆発させ、殺戮を繰り返していくのです。
捕まったメルドは、日本で裁判に。
フランスから来た彼と同じ言葉を話す弁護士が通訳しながらの裁判。
判決は死刑。
絞首刑が執行されるのだけど…

③シェイキング東京→ポン・ジュノ

引きこもり歴10年の男。
家の中の消耗品や必要な物はキレイに整理整頓してある。
お金は父が送ってくる。
お金さえあれば家から出なくても生活できる。
ご飯も届けてもらえる。
週一でピザも食べる。(箱は捨てない)
でも配達人とは目は合わせない。
でもある日、目を合わせてしまった。
その時、地震が起こって配達人の女の子が気を失ってしまう…

一番好きだったのは「インテリア・デザイン」。
不安がいっぱいのヒロコ。
でも周りは何だかうまい具合に進んでいる。
不思議くん系のアキラは、
ヒロコの不安を知らずに「がんばればー?」な態度。
「早く出てって」の空気も辛い。
そんな彼女が安住の地を得るのだけど、それが、ね。
ゴンドリー節炸裂でした。
ちなみにヒロコ役は、
「沈黙」シリーズのスティーヴン・セガールの娘だって〜

そして待ってました、メルド!
「ホーリーモーターズ」では物語の中の一部だったけど、
今回はメルドの細部まで色々と。
気持ち悪さ爆発、手榴弾も爆発でした。
でも大騒ぎしている場面より、裁判の方が長くてちょっとダル。
次は、INニューヨークらしいです。

ジュノ監督から見た日本ってこんな感じ?
「クリミナル・マインド 国際捜査班」でもエピがあったけど、
”引きこもり”って日本人に多いのかな。
他の国でもあるけど名前付いてないとか。
引きこもりの人が久々に外に出たら、みんな引きこもってた!
という、なさそうでありそうな話。
一応地震だ!って外に出るけど、
あ、大丈夫だった、さあまた引きこもろ…って、皮肉すぎる。



私があまり邦画を見ないのは、
字幕に慣れすぎて日本語のセリフが聞こえないことと、
自分と顔が同じだからリアルすぎる、ってことなのでは、
と思ってます。

あ、「サバイバル・ファミリー」は面白かった!

本日の映画:若き人妻の秘密

「若き人妻の秘密」('11・フランス)

レア・セドゥには、こういう役しか来ないの?
ってくらいこういう役が多い。
ラブコメで笑ってる彼女が見たい。

若き人妻エーヴは、ある朝夫がジョギングから戻っていないと気づく。
怪我した?
事件に巻き込まれた?
それとも失踪?
泣き叫ぶことなく、動揺を隠すように警察に通報した若き人妻。

19歳で出会った弁護士の夫との仲はよくて、
個人事務所で仕事も順調、不自由のない暮らしをしていました。
今まで大きなトラブルもなく、何が起こってるの?
全くわからない状況。

そんな彼女に救いの手を差し伸べてくれたのが、
ポールの恩師、ショレ。
同じく弁護士で何もわからないエーヴの力になると約束してくれました。
そして明らかになる夫の秘密…
衝撃すぎてパターんと倒れる若き人妻。
頼れるのはショレだけ。
…ってのもショレは知っていた。

奥さんに先立たれた中年男、ショレ。
お金はあるけど質素に暮らし、
弱者を救う正義感の強い、真面目な弁護士。
そんな彼はエーヴの事を思って…と言いながらも、
生活費出す、とか、
病気で先が長くないから一緒に住んで、とか。
遺産あげるからさぁ、とか。
オイオイオイオイ。

エーヴの心のすき間に入り込んできて、
ただのエロエロおじさんではないか!
まぁ、エーヴも一度体を許してしまったから、
”痛恨のミス”だよ、と思ったのだけど。

でもね、それが”若き人妻の秘密”ではない気がしたの。
今まで色々見てきてるからね。

ハリウッド映画のように、盛り上げる音楽とかがなかったから?か、
「あ、そ。」
で終わり。
だよねー。



アンニュイ役係のレア。
ご本人様もアンニュイなのかな。

本日の映画:さあ帰ろう、ペダルをこいで

「さあ帰ろう、ペダルをこいで」('08・ブルガリア=ハンガリー=スロヴェニア=セルビア)

1995年のエミール・クストリッツァ監督の作品、
「アンダーグラウンド」は、もうずいぶん前に見たけど、
今でも記憶に残っている”すごい”作品のひとつ。
この作品の印象が強すぎてミキ・マノイロヴィッチを見ると、
どうしても悪い人に見えてしまいます。
でも今回、彼が演じた男は、とーってもとーっても素敵なおじいちゃんでした。

両親と乗っていた車が事故に遭い、病院で目覚めたアレックス。
でも記憶が、ない。
両親が死んだ?両親って?
自分の名前は?
何が起きた?

そんな彼の前に「祖父」と名乗る男がブルガリアからやってくる。
アレックスにしてみれば全く知らない人。
何とか記憶を取り戻させようとする祖父だったけど、全くダメ。
そして彼はあることを決意。
それは二人乗りの自転車で、
ドイツからブルガリアを横断する、というものでした。

そんなふたりの道中を見せながら、
1980年代、難民としてドイツに渡ったアレックスの両親の過去が明らかに。
共産党政権時代に「ここにはいられない」と決断した彼らの、
ブルガリアを出てからの生活が…涙。
まずイタリアに着いた彼らの食事が毎食パスタ(多分麺だけ)。
刑務所のようなほぼ自由のきかない場所。
彼らより先に着ていた人々は2年目だったり3年目だったり。
せっかく自由を求めてきたのにね。

お金があれば”闇”で出られたりする、のも、あるあるな話。
アメリカ行きを願っていた”シカゴ”と呼ばれていた男は、
その願いも叶わず歳を取り。
仲良しだったマルタは出られたのかな。
あの大勢の人たちは最終的にどうなったんだろう。

祖父に教えてもらったバックギャモン。
買ってもらった赤いミニカーは内緒の駐車場に。
道中で会ったあの娘は、マルタ?と思ったけど違ってざんねーん。
戻った記憶、手に入れた恋、祖父母との再会。
旅は失った記憶以上に多くのことを手に入れたのでした。



普通に暮らせる場所があるって幸せなこと。

本日の映画:ダック・シーズン

「ダック・シーズン」('04・メキシコ)

メキシコのアカデミー賞で11部門を受賞した作品なんだって。
見始めたらモノクロ映画でちょっと構えちゃったけど、
現代の話をモノクロで見るとなんか、不思議な感覚にとらわれます。
昔の話のような、そうでないような。
異次元のような、そうでないような。

舞台はとあるマンションの一室。
ほぼここのみで展開。
ママンが外出し、友だちのモコと日曜日を過ごすことになったフラマ。
中学生くらい?
「良い子でお留守番します」
と言いながら、まぁそうはいかないのが世の常。
ふたりでゲーム&ピザ&コーラ三昧の予定。
そんな時、邪魔が入ります。

隣に住むリタ(ふたりよりちょっと年上)が、
ケーキを焼くのにオーブン貸して!と言ってきます。
まぁ、いっか。と軽くOK。
さあ、ゲームの続き!
となった時、また邪魔が。

なんと停電。
これはヘコむな。
じゃあピザでも頼もう!
でも11秒遅れたからタダにしろ!と言うフラマ。
配達人は停電で必死に階段を登ってきたのも知らずに。
ところが配達人、ウリセスは「代金もらうまで帰らない!」と言い張る。
ふたりでゲーム三昧の予定が大きく狂い始めるのでした。

予期しなかったこんな日曜日。
ただただ一緒に過ごすことになった4人。
そして明らかになるそれぞれの事情。
親が離婚したばかりのフラマ。
犬の保護施設で殺処分を担当していたウリセス。
リタにキスされ複雑な気持ちに気づくモコ。
自分のバースディケーキを焼くリタ…
それがマリファナ入りだったり笑

何でもない1日がなんでもある1日に。
このなんでもある日曜日は、みんなに少しの希望を与えたのでした。



アヒルだって空を飛ぶのだ。

本日の映画:ア・ダーティ・シェイム

「ア・ダーティ・シェイム」('04・アメリカ)

今でも目をつむると思い出せるくらい衝撃的だった「ピンク・フラミンゴ」。
見たはずの他の映画はあまり記憶にないから、
フラミンゴのイメージだけで判断してはいけないのだけど。
あらすじ読んで、予告見て、パッケージ見て、
どれだけ”お下品”なのか構えてしまいました。
見たくないけど見たい。
そんなジョン・ウォーターズ監督の作品です。

アメリカ、メリーランド州、ボルチモア。
ここに住むシルビアは、朝から求めてくる夫にうんざりし、
わいせつ罪で外出禁止中の巨乳の娘に悩まされているオカタイ主婦。
そんな彼女が頭を強打し、性の魔術師”レイレイ”によって色情狂に!
今までと全く違うシルビアに周りは何が起こっているのかわからない。

あちこちで”わいせつ行為”をしまくるシルビア。
あれだけ「やらせろ」と言っていた夫はオロオロ。
どうしていいのかわからなくなってるし。
娘のことも理解した彼女は、外出禁止を破りふたりで外出。
あれだけ嫌悪していた町の変態さんたちとも仲良くなったりしちゃう。
それを一番怒りの眼差しで見ていたのは、母、ビックエセル。
大のセックス嫌いの彼女はわいせつ行為にあふれる町をなんとかしようと、
”仲間”を集めて行動するのだけど…

もう途中からめちゃくちゃ。
頭を打つ→変態に目覚める。
また頭を打つ→元に戻る。
また頭を打つ→変態に目覚める。
の繰り返し。
そんなんで町のパニックは、大パニックに発展。
もう収拾つかーずの巻。
ゾンビの如く人々を恐怖のどん底に陥れる変態集団。
もうここまできたら見てる方も笑うしかない。
かなり構えて見たけど、単純に笑えたのでよしとする。



これでもか!の変態オンパレード。
中でも一番「ぎょぎょぎょ」だったのは、
う○ち見せて喜ぶおぢさん…
プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム