本日の映画:デザート・フラワー

「デザート・フラワー」('09・ドイツ=オーストリア=フランス)

FGM=女性性器切除の事は何年か前にファッション誌で読んだことがあって。
ファッション目当てで読んでたし、突然目に入ったその記事に衝撃を受けました。
海外ドラマ、SVUでも取り上げてたエピがあって。
でも日本に住んでいると、あまり現実とは思えない話。
実際、記憶から消えかかっていたけど、また思い出した。
実はこの作品をよくある”サクセスストーリー”だと思ってた。
ソマリアから出てきた女の子がモデルになって、
色々あったけど成功する!的な。
お金や男に振り回され、ドラックお酒パーリー三昧な日々だったけど…
みたいな。
ああ、申し訳ない。
予期せぬ展開に、うろたえるわたし。

ロンドン。
ホームレス状態だったソマリア人の女の子、ワリスは、
イギリス人のマリリンと知り合い、
”ほぼむりやり”彼女の住む部屋に泊めてもらうことになります。
マリリンは彼女に仕事を紹介し、早く出て行ってもらおうとするけど、
ワリス、また帰ってきちゃう。
でも徐々に友情が芽生えてきて、ふたりは親友になります。

ある日のこと。
いつもの職場で、紳士がワリスに声をかけます。
「きみの横顔は美しい」と。
そしてフォトグラファーである自分にその横顔の写真を撮らせて欲しいと言います。
まったく信用してなかったけど、マリリンは名刺を見てビックリ。
彼はかなり有名な大御所フォトグラファーだったのです。
ワリスは恐る恐る彼のアトリエを訪問。
それを機に彼女の生活は一変。
モデルの仕事が舞い込むようになり、さぁ、世界へ〜
…となったのだけど、ワリス、パスポートが切れてた…

これでは強制送還になる。
マリリンの住むアパートの雑用係と結婚し、
無期限滞在許可書を手に入れたワリス。
離婚したあとは、トップモデルとして活躍し、
ああ、サクセスー!
すべてを手に入れたかに見えたけど、
彼女には世の中に伝えたい事がありました。
それは自分の生い立ちではなく、FGMのことでした。

遊牧民として貧しい生活をしていた少女ワリス。
3歳の時それは行われ、
13歳で初潮が来たと同時にかなり年上(というかじいちゃん)と結婚、
させられる寸前に逃げ出し、あれやこれやでひとり、ロンドンへ。
大使である親戚の家でメイドになり、
内戦で本当はソマリアへ帰らなきゃならなかったけど、
そのまま残り不法滞在者としてロンドンに残り、
数年後、マリリンと出会ったのでした。

FGMがメインの話とは知らず、
「ワリス、したたかだなー」
「欲しいものは手に入れる、つよいなーワリス」
「生きていくにはこれくらいじゃないきゃダメなんだろうなー」
と、いつワリスが堕落していつ復活するのかを待ってました。

平和な国で育ったわたしには、想像の出来ないような現実。
今のわたしならすぐ挫けそう。
テレビやネットや本で語られてることが全てじゃない。
わたしが知ることができるのはほんの一部。
今この瞬間にもこの虐待と言える行為が行われているんだな。

真実を知れる機会が増えて、少しずつ良くなって行けばいいな、世界。



本は二冊出ているようです。
ワリス、その後にソマリアにも帰ったらしい。
読みたいリストに入れておこう。

本日の映画:妹の体温

「妹の体温」('15・ノルウェー)

シャルロッテ、24歳くらいかなー?なんとなく。
子どもたちにダンスを教えていて、ひとり暮らし。
自分のキャリアアップにご執心の母と、
あまり仲のよくない現在入院中の父がいる。
結婚したての親友の兄と付き合ってるけど、普通に好き。

そんな彼女が気になっていること。
それは異父兄のヘンリックのこと。
彼女の職場に突然現れて暴言吐いて去っていく、
という事は、気になったシャルロット、
すでに彼を探し当てていて、偵察に行ってたに違いない。

父に拒否されたシャルロッテ。
心の慰みが欲しくて向かった先は、ヘンリック宅。
あんなに暴言吐いてたのに、妙に優しい態度。
きれいな奥さんとかわいい息子が見てるからか?
と思ったけど、そうでもない。
飲みに行ったり、ずいぶん楽しそうに過ごしてる。
傍から見ると恋人同士のよう。

…と思ってたら!
なんとふたりは肉体関係を持ってしまうのです!!
こ、恋におちてしまったのです!!!
もちろん秘密の関係。
何を思ったのかヘンリック突然離婚宣言。
オイオイ。決断速すぎない?
奥さんには理由、何て言ったの??

周りは仲の良い兄妹と思っているでしょう。
それもふたりには好都合な話。
家に泊まっても「お兄さん、離婚直後だしね。」だし、
旅行に行っても「今までの空白埋めてるんだねー」って言えるし。
盛り上がってるのはいいけど、おふたりさん、冷静に考えてみて。
知り合いに路上でチューとかしてるの見られたら即バレるよ。
秘密の関係に酔っていても、そのうち、それじゃ満足できなくなるかもよ。
結婚したくなったら?子供が欲しくなったら?
みんなに私たち愛し合ってるのー!!と叫びたくなったら?

彼氏にも真実を言えず、ダラダラ付き合い続けてるけど、
兄は嫉妬、彼氏は彼女に違和感感じてるよ。
親友も、何か変、って気づいてる。

愛する人が必要で、愛してくれる人が必要で、
その愛する人が現れたのに、その秘密のために嘘をついたりして、
自分から逃げて、そして誰もいなくなる。
結構楽しい仕事があって、親友もいて、優しい彼氏もいる。
でも何だか埋まらない心の空白。
その隙間にすーっと入ってきたヘンリック。
「私の中に来た」彼を、兄としてでなく男として受け止めてしまったのね。

シャルロッテメインなので彼女の心の中は少し覗けたけど、
ヘンリックは?何を思って妹の体温を感じたのかしら。



シャルロッテの着るセーターがいちいち可愛い。

7月の海外ドラマ

WOWOWでツイン・ピークスの新シリーズが放送になりますね。
その特番が無料放送してて、あー見たいけど見たくなーい、
と思いました。
関根さんも言ってたけど「まだ見てない優越感」、わかるわー。
見ちゃったら終わりだもんね。
今でも一番好きなドラマ。


「グレイズ・アナトミーS11終了!」

なんかつまんないです。
理由はもちろん、クリスティーナがいないから。号泣。
そんなに好きなキャラじゃなかったはずなのに、
久々に見たグレアナで、
オーウェンとラヴラヴになりだした頃から好きな気持が急上昇。
とりあえずこのふたりが見たくて見てた、という感じでした。
「オーウェンが好き?」なのかと思ってたけど、
実際、クリスティーナがいなくなってから、
「クリスティーナが好きだったんだ」と気づいた私。
彼女に会いたくてたまりません。
なので、彼女のいないグレアナは…つまんないです。
特に!アメリアが好きじゃないので、
オーウェンとくっつきそうなのが、あーイヤイヤ。
実はもうどうなるか知ってるので、あーイライラ。
そんなシーズン11は最後の巨大爆弾のことも知っていたので、
切ない気持ちで見てました。
メレディスの異父妹のマギーは結構すんなりと馴染み、
やっぱりメレディスはあんまり性格良くないな、と思いました。
初めの頃のこと、あんまり覚えてないけどこんなに悪かった?
アレックスには迷惑かけるし…と言うか、
アレックスが気づかない内にいい男になってて。
ジョーもあんまり好きじゃないけど(好きじゃないキャラ多すぎ!)
彼女のいい影響なのかな。
胎児外科医役でジーナ・デイビスが出てきてビックリ!
相変わらず迫力がありました。
戦場での治療にアドレナリン爆発したエイプリル。
ジャクソンの決断、気持ちは分かるけど、離れられる?
そしてデレクが退場。
また主要キャラのひとりがいなくなり。
容赦なく殺りますね、ションダ。


「LAW&ORDER:SVU・S18終了!」

このドラマの辛いところは、よかったね!ちゃんちゃん!
で終わらない時があること。
今回も最終話、犯人は有罪または死亡で、
なんとなく、ちゃんちゃん!なんだけど…
何か辛い、辛いのよー!!
途中でまたおやすみ期間があったので、
もう最初の頃の記憶がないですが。
相変わらず様々な性犯罪が起こって、
見てて辛くなったりムカついたり、見てて忙しいドラマ。
息子の友だちと関係を持ってる母親のエピは、
ほんと、説教モノです。
被害者が嘘ついたり、加害者が嘘ついたり、
しまいには法を守る側まで嘘ついたり。
私はバーバが好きで、最終話なんかは、
「なんでバーバにそんなセリフを言わせるの!」
とマジギレしたりしました。
ほぼ本国と同じ時期に放送してるのもあって、
今のアメリカとリンクしてるのは面白いですね。
そう言えば、だいぶ前に見たシーズン16、だったかな、で、
シカゴPDとのクロスオーバーエピがあったんだけど。
いつになったらPD版見れるんじゃ!と嘆いていたら、
いつの間にか見れました。
実はファイアからのクロスオーバーでした。
いーねーこういうの。
そしてようやく事件が解決したのでスッキリです。


「タイムレスS1終了!」

結構好きなタイムトラベル物。
ドラマでは珍しいですね。
映画では2時間くらいの枠なので、
特に問題なく見れるのだけど…
ドラマだとだんだん、つじつまが合わなくない?
そう来るとこれじゃおかしくない?
って事が気になり始めちゃう。
仕方がない、物語を面白くするため、と言い聞かせましょう。
さて、その物語ですが、ただ単に過去を見てみたい、
と思ってタイムトラベルするわけではないのです。
とあるミッションのため、招集された3人、
歴史学者のルーシー、特殊部隊のワイアット、
そしてタイムマシンを開発したメイソン社のパイロット、ルーファス。
そのミッションとは、盗まれたタイムマシンを、
社に残っているプロトタイプのタイムマシンで追っかけてほしい、
というもの。
タイムマシンを盗んだ男、フリンは、
ただ単に過去を見てみたい、と思って盗んだのではなさそう…
彼にも大きなミッションがあったのです!
1話目でちょっと過去を変えたら、戻ってきた時大変なことに。
歴史が少しずつ変わっていく…
面白いけど、都合が良すぎるので苦笑い。
てっきり打ち切りかと思ってたら、シーズン2制作するみたい!
よかったー、あの最後にジアが見たビジョンが何なのか気になる!


「プライベート・プラクティスS4終了!」

「グレアナ」同様、続きの放送が望めなさそうなので、
レンタルに頼った「プラプラ」です。
だいぶ忘れちゃってたけど、そう、デルね。
16歳で妊娠した、サムとナオミの娘、マヤと一緒に事故り、
ああまた死ぬのね、ションダさん。
残されたベッツィーはこのあとちょこちょこ出てきて。
叔母に預けられたけど捨てられ、
プラプラのみんなにも引き取れないと言われ、
良さそうな養父母にも捨てられ、
なんてこったいな状況。
「今日はどこで眠ればいいの?」って心が痛みます。
でも最終的には愛してもらえる場所に落ち着いたね。
このシーズンからアメリアがレギュラーになったようです。
こんなキャラか…ますますダメだ。
色んなメンバーと関係を持ったシェルダンはどうも、
「いい人なんだけど」止まりのようです。
久々の恋愛をヴァイオレットに邪魔された時は、
私も彼女を憎みました。
そんなヴァイオレットは”あの事件”を書籍化。
みんなにブーブー言われたけどいつものヴァイオレット節で、
いいよ、と言わせる。
って言うか、この人、こんなに性格悪かった?
ミーミーで、うまく説得して自分の言うとおりにさせようとする。
確かにすごくつらい体験をした、けど、自分の事しか考えてない。
癒やしは息子では?とピートが言ってたけど、違うんだ…
サムとアディソンが付き合いはじめて。
いいんだけど、アディソンといると更に小さく見えるよ、サム。
「子供が欲しいのー!!」と言う彼女に、ちょっと引き気味の彼。
アディソンママのエピでは、私が引きました…
ママの愛情がもらえなくて気を引こうとするアディソン。
そうとう不運な人生だったのね。
ナオミは中の人の都合で出てこない時期もあり。
最後はファイフとゴールイン。降板だったよね?
そして、シャーロットのエピ。
すごく良かったです。
レイプ被害者になった彼女が、どう戦ってどう乗り越えたか。
そしてクーパーとの関係も、今まで以上に良くなりました。
心なしか表情も柔らかくなり、好きなキャラのひとりにランクイン。
それにしても強かったなー。
そしてまたまたクリフハンガーなラスト。
もしかしてあの家には何か憑いているのかもしれません。


「ロイヤル・ペインズS6終了!」

ちょうど同じ時期に「プリズンブレイク」のシーズン5を見ていて、
どうもハンクが悪い人に見えちゃった今シーズンです。
でも長いシーズン物が終わって仕事あるのはありがたいよね。
他のメンバーは今のところ誰ひとりとして他のドラマで会ってない…
あ!この間見たクリマイのエピにエヴァンが出てたわ。
でも調べてみたらロイヤルペインズ中。
ガルシアの元カレって、全く感情移入できないわっ。
そんなエヴァンは相変わらずペイジとラヴラヴ中。
なかなかいい恋に出会えなかったハンクもシャーロットとラヴラヴに。
小さい頃の事故で目が不自由になった彼女。
今度こそ長続きする?でも何か嫌な予感がする…
ディヴィヤは娘サシを愛してるけど、
仕事との両立が難しくてちょっとイライラ。
ジェレマイアはディヴィヤとの同居を続けてるけど、
超潔癖のため、ちょっとイライラ。
静けさを求めて入ったバーで運命の出会い!
でもヴィヴィアナが強制送還の危機に。
あぁ、ここでも実らない恋心。
そしてハンク・メドには、経営の危機が!
どうしてそこに初めに頼らなかったの?と疑問に思ってたのよ。
もちろん最終的に助け舟を出したのはボリス。
ワタシ的にちょっとイラッとしたのが、
ハンク&エヴァンの母親違いの妹、エマの件。
こいつ怪しいなー。セレブになりたいのか?と散々文句言ってたけど(私が)、
最終的には兄ふたりに許される妹、エマ。
お願いだから裏切らないでよー。
一番大変なことになったのはディヴィヤね。
あたし、てっきり元婚約者の子かと思ってたら、
元恋人の子だったのね、サシは。
最終話で気づきました。ラージとラファ、混同したわ。


今月の新ドラマ↓

「プライベート・プラクティスS4」←今月中に終了
「プライベート・プラクティスS5」
「アメリカン・ホラー・ストーリー:ロアノーク」
「スコーピオンS3」
「NCIS:LA・S8」
「HAWAII FIVE−0・S7」

「トゥモローピープル」と言うのを1話見てみたんだけど、
ちょっと私には主人公が若すぎました笑

本日の映画:ブーベの恋人

「ブーベの恋人」('63・イタリア=フランス)

見終わったあと、
「あの子、大丈夫かなー、裏切られたりしたら刺しちゃったりしそうだなー」
と思ってましいました。
犯罪系の海外ドラマを見すぎるとこうなります。

1944年、北イタリアのとある田舎町。
そこで家族と暮らすマーラはパルチザンの青年、ブーベと出会います。
死んだ彼女の兄と共に戦ってきたという彼。
その彼のズボンのほころびを繕い、
お礼にとパラシュート用の白い絹布をもらったマーラは、
彼に恋心を抱いていきます。

なかなか届かない手紙にヤキモキ。
やっと届いたその手紙には愛の言葉はひとつもなく。
ようやく会えた彼と実家を訪ねるも、超貧乏…
唖然とするけど、恋心は消えず。
そんな彼女を愛おしく思ったのか、ブーベも恋心。
そしてふたりは婚約。
夢に見た王子さまとの結婚!…と思いきや。
ブーベに殺人容疑が。
指名手配された彼は、マーラを残し国外へ逃亡してしまいます。

「彼は戻ってくる」
と、頑なに信じ、実家にもあまり居づらくなったマーラは、
町で働き始めます。
そこで出会ったステファノは印刷会社にお勤めの好青年。
心惹かれ合うけど…
ブーベとの約束もあるしなかなか関係が進められない。
「今を楽しむのよ!」
と、友だちに助言され、ちょっとその気になりかけた矢先。
ブーベが逮捕されたと知らせが…

パラシュートの絹布を貰ったとき、
「ブラウス作るわ!」とマーラ。
お金ができた、というブーベに、
(すごくかわいい!)ハイヒールと、バッグもおねだり。
物もあまりない時代だし、田舎に住んでいて、質素にくらしていたマーラ。
物に釣られた…訳ではないけど、
自分の欲しい物を与えてくれたブーベが王子さまに見えたでしょうね。
そして、ブーベと再会したとき。
あんなに自信満々で輝いていた彼が、弱音を吐き涙を見せ、
そして「ずっと君の事を思っていたよ」だなんて言う。
ステファノのことも好きだけど、
「ああ、この人、私がいなきゃダメだな」と思ったんだな。

7年あっと言う間だったから、あと7年なんてすぐ。
私は34歳になるけど、結婚して子供もまだ産めるわー。
と悟りを開いた人みたいに言ってた。

マーラがこれでいいの、って言うんだから、いいの。



クラウディア・カルディナーレがキュートすぎ!
あのヒール、私も欲しい…

本日の映画:わたしはロランス

「わたしはロランス」('12・カナダ=フランス)

はじまりは80年代後半のモントリオール。
高校の国語教師のロランスは、映像ディレクターのフレッドと同棲中。
本当は物書きになりたい彼と、赤い髪で激しそうな彼女。
すごく愛し合っていて、お互いに刺激し合って、
ふたりの世界に生きている、といった感じ。

でもある日、35歳の誕生日をむかえたロランスから衝撃の告白が。
「これからは女性として生きていく」
そこからまっすぐ進んでいたふたりの人生が、
うねうねと回り始めます。

ロランスの話を聞き、彼を支えていくことを決意したフレッド。
彼への愛は変わらないし、これからも変わらないだろう、と。
そして”女性”となったロランスの初出勤。
お化粧して、ヒールはいて、お洋服ももちろん。
教室に入ると…一瞬緊張が走るけど、
生徒たちは「それは重要でない」様子。
彼の母もその事実を受け止めたけど、
厳しい父の前では”男の格好をすること”に。
幸先いい感じ。

…でもやっぱりそれを面白く思わない人たちもいて。
男に絡まれ殴られ、学校では親がとやかく言う。
ロランスは退職せざるを得ず、
同じ頃、フレッドは悩んだ末、彼に内緒で中絶したのでした。

その悲しみと周りの目に心が不安定になるフレッド。
最終的にふたりは別れることに。
月日は流れ、フレッドは別の男性と結婚、男の子を産んでいました。
家庭を守る良き母となった彼女の元にある知らせが届きます。
それはロランスからの愛のメッセージ。
忘れていた気持ちが爆発したフレッドは、彼と再会するのだけど…

グザヴィエ・ドラン監督が24歳で撮った!
という話を抜きにしても、良い作品でした。
見終わった後、ずしーんと来ます。
ハッピーエンドでもなくバッドエンドでもない。
ただただ好きだから一緒にいたい、というだけが愛ではない、
というのがよくわかります。
確かに好きな人にはずっとそばにいてほしい。
でも超えてしまった一線は、修正することは難しい。
自分に言い聞かせたとしても。

グレアナのクリスティーナとオーウェンみたいだな。
ふたりも子供を持つ持たないで結局、破局。
あんなに激しく愛し合ってもダメになっちゃう。

一緒にいられないけど愛し合うふたりは、
ハイレベルの愛を手に入れたのかな。



フレッド役のスザンヌ・クレマンはドラン監督のお気に入りね。
美人!とは言えないけど(失礼!)とっても魅力のある女優さん。
プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム