FC2ブログ

本日の映画:ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート/幸福の罪/最高の花婿

「ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート」('12・アメリカ)

あまり知識がないままこういうドキュメンタリーを見ると、
何か洗脳されそうになります。
そんなすごい魔法のデパート、
「死んだら遺灰をバーグドルフに撒いて!」ってくらいのデパート。
私はその存在を知らなかったのだけど、
みんなが寄ってたかって「すごい!」って言うから、
何だかそんな気になってしまうほどの魔法のデパート。
バーグドルフに認められたら一人前。
伊勢丹とか三越とかみたいな?
ファッション好きとしては行ってみたい気もするけどね。
私の住む町ではハイファッションはなかなか拝めないし。
一番興味深かったのは、ウインドー製作。
あの空間に、色んな人の力とアイディアが集められてるんだな。




「幸福の罪」('11・チェコ)

チェコ作品、ヤン・シュヴァンクマイエルだけではありません。
でもそれに通じるような何だか変な気持ちにさせる作品でした。
幸せそうな家族。
相関図をつかむまでちょっとお時間いただきましたが、
なるほど、幸せそうだけど、色々問題もあるようです。
リハビリの先生って人の体を触る仕事。
でもそれで性的虐待を疑われちゃったら、もう誰も仕事できない。
相手は14歳の少女。
むむ?好きって言ったのに好きって言ってくれなかったから系か?
いやいや、でも先生も怪しくなってきたぞ。
人は見かけでは…と言うし。
なんやかんやでロリコンおじさんなのか?
捜査の一環で先生の○○○○を測った時は、
みんな真面目だし笑っちゃいけないと思いながら笑っちゃった。




「最高の花婿」('14・フランス)

さらっと見られるフレンチコメディ。
たまに「い、いいの?それいいの?」なのもあるけど、
いいのいいのよ、それでいいの。
敬虔なカトリックの家族。
夫婦の願いはカトリックの教会で、
4人の娘たちがカトリックの相手と結婚すること。
でもその願いはなかなか叶わず。
長女はユダヤ系、次女はアラブ系、三女は中国系と結婚。
自分たちは人種差別はしない、と必死で笑顔を作る夫婦が最高。
なかなか馴染めない異文化に必死で頑張る姿も最高。
残るは四女。
相手はカトリック、と聞いて歓喜するけど…
愛しちゃった相手だから仕方がない。
両親のために相手を選ぶなんて、
愛の国フランスではありえないでしょ?

今月の海外ドラマ

こちらは7月分。

多分7月に見たんだと思うけど、
「MTV テレビ&ムービーアワード」、
ほとんど知らない人ばっかりだった…
これが歳を取った、と言うことなのかと日々思う。

でも「ストレンジャー・シングス」は見たいなー


「アメリカン・ホラー・ストーリー:カルト終了!」

アメホラも、もうシーズン7です。
大統領選うんぬんなのにカルト?
と言うか、まず驚かされたのは、
実名で出しちゃってるところですね。
ってかいいんですかね、日本では有り得ないですから。
トランプが勝利し、
ヒラリー信奉者のアリーは精神バランスを崩していきます。
周りでは不穏な出来事が次から次へと起こり、
ますます追い詰められていくアリー。
出ました!のピエロ。
怖いんですよ、アメホラのピエロ。
カイも”超”がつく危険人物でした。
その”カルト”の存在は、
ドラマの中だけではないのかも。


「CSIサイバーS2終了!」

CSIシリーズもこれで全部終了。
でも本家ラスベガスは何だか残念な最後だったな。
そしてこのサイバーが始まったけど…
何だか最後までパッとしなかったな。
パトリシア・アークエットは好きな女優さんで、
「ミディアム」はすごくよかった。
でもなんでだ?
何か演技に熱がこもってないし←何様。
キャラが立ってないし←すみません。
作り方なのかなー。
ラスベガスからDBが来たけど、魅力が半減。
だって設定が無理やりなんだもん。
ちなみにフィンは死んじゃったって涙


「ハッピーバレー復讐の町S2終了!」

面白かったシーズン1。
期待していたシーズン2も面白かった。
でもシーズン1と似た所があって、
「またこれか」と思ったり。
今回もいろんな事件がひとつの事件に。
1で「自分は悪くないけどやっちゃった」おじさんは、
2でも出てきて。(別の人だけど)
真面目に生きてきたのに、なんで自分が!
って、やっちゃったんだからしょうがないんだよ!
あと、どこの国にもいるのね、犯罪者に恋しちゃう女。
今回の彼女はかなり濃いめのキャラで。
声とかも特徴があって、
キャスティングの人、凄腕だな、と思ったわ。
あとシーズン通して気になってたのは、クレアのニット!


「NCIS・S15終了!」

何と言っても今シーズンの重大事件は、
アビーの降板でしょう。
どうやって去るのか、色々想像してました。
死ぬのはないよね、
死なないなら何を理由に去る?
そしてとうとうその時が。
まさかのリーヴス退場。涙
確かに立ち位置しっかりしてなくて、
まさかこの時のためのキャラだったの?
アビーの後釜らしい子もすでに出てきて、
あれ?ダッキーもいなくなるの?
なーんて、中の事情が気になってばかりの15でした。


「ローズウッドS2終了!」

こちらもシーズン2で打ち切り。
んーやっぱりね、と言った感じ←何様。
ドラマ的にはおもしろいんだけど、
主役のふたりが好きじゃなくて。
お互い好き同士なのにくっつかないイライラ。
付き合ってる相手に悪いよ、それじゃ。
ロージーのお相手は詐欺師だったけど、
ヴィヤのお相手はとってもイイ男だったのに。
イイ男なだけじゃダメなのね。
ピピーとタラの関係もどうでもいいやだったし、
新しく来たキャプテンも、
移植要員だったの?って感じだし、
んで最後はやっぱりそうなるんかい!の展開だったし。
主人公同士がくっつかないと盛り上がらないから?
こういうの多いんだよね。


今月の新ドラマ↓

「スコーピオンS4」
「フィアー・ザ・ウォーキング・デッドS3」
「NCIS:LA・S9」
「ブリッジS4」
「マーダー・イン・ザ・ファーストS3」

サーガたんに会える!

本日の映画:チャドルと生きる/朝食、昼食、そして夕食/草原の実験

「チャドルと生きる」('00・イラン)

何度でも言いますが、こういう映画を見たりすると、
「わたしたち日本人は恵まれてるのだな」と思います。
だからと言って辛いことがあっても我慢しろ、
という訳ではないんですよ。
たまに忘れてしまうのです。
どれだけ自分は自由な生活を送れているのかと言うことを。
この作品、イランでは上映禁止だそうよ。
監督もそれなりの覚悟でこの作品を撮ったみたい。
産まれた赤ちゃんが女の子だと「まずい!」となり、
身分証と同行者がいなければバスの切符も買えない。
多分レイプされても「お前が悪い」と刑務所に入れられてしまうのね。
刑務所から出所しても誰も助けてくれない。
もうどうしようもなくて泣く泣く娘を置き去りにする母親。
街角に立つ娼婦…
バトンタッチ形式でぐるぐるまわる物語。




「朝食、昼食、そして夕食」('10・スペイン=アルゼンチン)

スペインのサンティアゴ・コンポステーラは、
キリスト教の巡礼の最終地点なんですって。
巡礼ってお遍路みたいなものなのかな。
宗教にはあまり興味はないけど、
素晴らしい景色を見ながら人生を考える、には良いかもね。
そんな有名な聖地で繰り広げられるのは、
朝ごはん、昼ごはん、夜ごはんを食べる人たち。
食べるのは生きるのに必要なこと。
最近は、食べられなくなったらもう終わり、くらいに思ってる。
ここで繰り広げられた18のお食事も、
「ただ食べてる」ようでそうでない。
大勢で楽しくわいわいがやがやな食事。
ひとりっきりの食事。
笑いながら、誰かを待ちながら、喧嘩しながらの食事。
あら?さっきもいたわよね?
と、全エピに絡んでくる人もいたけど、
誰が誰でどうしたのか、途中で追えなくなっちゃった苦笑




「草原の実験」('14・ロシア)

セリフがないんですよ。
なので編物の手を止めて見ました。
昔の無声映画ではたまに字幕が入ったりしてたけど、
この作品にはそれは一切なし。
登場人物の表情と想像力で見る…から難しいかな。
と思ったけど…
目が離せなくなるほどの緊迫感。
次はどうなる?そしてどうする?
いやいや、最後には気を失いそうになりました。
草原にぽつんと立つ家。
父と娘のふたりぐらし。
恋をしたり、嫉妬されたり、
悪者が来て脅されたり。
名前もわからない彼ら。
何も起こらなければ何も起こらなかったのに。

本日の映画:地球にやさしい生活/あのバスを止めろ/クライム・オブ・パッション

「地球にやさしい生活」('09・アメリカ)

ちょっと前に見た「365日のシンプルライフ」は、
失恋をきっかけに始めてたけど、
このドキュメンタリーは記事を書くために始めた実験。
しかもひとりで、ではなくて、妻と2歳の娘も巻き込んで。
しかもしかも、住んでいるのは大都会、ニューヨークはマンハッタン。
地球にやさしい「ノー・インパクト」の生活、可能?
電気使わない、なるべくゴミは出さない、新しい物は買わない。
もちろん紙おむつは使わないで布おむつを使う。
暖房も使ってないのかみんなで厚着。
私の記憶ではニューヨークの冬って寒いはず。
テレビも車も売るし、テイクアウトのコーヒーは飲まない。
冷蔵庫は使えないから壺で代用(失敗してたけど)、
洗濯もバスタブで踏んでた。
奥さんは、カフェイン&テレビ&テイクアウトフードジャンキーらしく、
文句は言ってたけど、そこは”愛”でカバー(しきれなかった部分もあるけど)。
でも最終的に健康的な生活になれたから良しとする。とのこと。
彼らは、10年ほど経った今でも「ノー・インパクト」の生活を続けてるらしい。
継続は力なり。ですね。



「あのバスを止めろ」('07・イタリア)

予告編で見て面白そう、と思ったのだけど、
パッケージのデザインがね…
どうする?見る?と悩んだけど、
なぜだか妙に気になって見ることにしました。
クライム・サスペンスにコメディが入ってて、
ハリウッド的な迫力はないけれど、ま、いいんじゃない?←何様
盗んだり殺されたり追いかけられたり殺されそうになったり…
要素的にはクライム・サスペンスなんだけど、
コメディ色が濃かったなー。
「アイ・ラブ・バス」のTシャツ着ちゃったりさ。
(ここは映画館でみんなで笑うとこ?)
ちょっと影のあるパスポート泥棒の女も、
鈍くさいギャンブル狂のバス運転手も、
結構危険な状況に置かれてるのにあまり緊迫感が伝わらない。
…のは、陽気なイタリア映画だからでしょうか。
音楽もなんだか陽気だしね。
でも見ささった(北海道弁です)のは、面白かったからかな。




「クライム・オブ・パッション」('84・アメリカ)

いつもならスルーしそうな作品だけど、
ケン・ラッセル監督だから、というミーハー心で見てみました。
昼は新進気鋭のデザイナー、夜は個性派の娼婦、
というふたつの顔を持つ女と、
企業スパイの疑惑をかけられた彼女を調べる事になった探偵。
まぁ、くっつくよね、このふたり。
彼女はスパイなのか?なんなのか?ふたりの愛の行方〜
って物語なのかと思ったら。
いやいや出てきたよ、ヤバイ人。
変態牧師は彼女を付け回し、改心させようとしてるのか、
に見えて、実は自身がかなりの変態。
変態というか、ちょっと病質的なサイコパス。
きてましたねーかなり。
もうそこまでするなら溺れちゃいな。と助言したい。

今月の海外ドラマ

諸事情により、ドラマも映画もしばらく簡易版で書こうと思います。

海外ドラマを見て、映画を見て、ブログを書く。
という行為が、平穏な日々のバロメーターだと気付かされますね。

タイトルは「今月の海外ドラマ」ですが、
こちらは6月分になります。



「ハッピー・バレー復讐の町S1終了!」

ハッピーって付くのに全然ハッピーじゃない笑
そしてすごいリアル感。
主役のキャサリン、ただのおばちゃん警察官と思ってたけど…
ああごめんなさい。
だんだんと彼女に感情移入していく。
これは良いドラマの条件のひとつ。
メインの他、サブキャラのキャラもちゃんと立ってて、
それぞれに感情輸入しちゃう。
こんなドラマ珍しくない?
シーズン2も楽しみ!


「HOMELAND・S7終了!」

復活しなかった、クイン。涙
最初静かに、徐々に盛り上がるタイプのホームランド。
今回は真ん中にキャリーのダメ母エピが出てきました。
まぁ、ほんとに困ったお母ちゃん。
娘を愛しているのはわかってるけど、
あれじゃフラニーが可哀想すぎるよ。
キャリーはほんとに、仕事が好きなのね。
日々陰謀解決をしてないとダメなのかも。
あと気になってしょうがなかったのは、カッターさんね。
主席補佐官役だったのだけど、どうしても裁判中に見える…


「ザ・ブレイブ エリート特殊部隊終了!」

アメリカって色んな機関が国のために闘ってるのね。
警察、FBI、CIAはドラマや映画にもよく出てくる。
今回の主役さんたちがお勤めなのはDIA。
アメリカ国防情報局、という機関らしいです。
キャラも立ってるし、おもしろい!
チームワークがものすごく良くて、
リーダーのダルトンのひと言でチームが動く。
お互いに信頼し合っていて、ミスもカバー、
プランCがダメならプランDを、と言った感じで、
かなり困難なケースも解決していきます。
まぁ、お決まりの「ありえないでしょ」な部分もあったけど、
おもしろければそれでいいのよ、系。
ああ!シーズン2も楽しみだわー!
…なんて浮かれてたら。
打ち切り。
ちーん。


「レギオンS2終了!」

途中でついて行けなくなった「MR.ROBOT」のシーズン2。
この「レギオン」も途中、あーダメかもー。と思ったけど。
話の内容は置いておいて、映像が好きなので最後まで見ました。
今何やってるかは何となくわかっても、
物語のつながりがさっぱり。
現実世界とあっちの世界、
こっちの世界の次は妄想世界。
と今現在、どこ?な状態。
見て感じろな感じなので、その通り見て感じて終わりました。
ディヴィットは善なのか悪なのか。
「HEROES」みたいな感じでしょうか。


「NCIS:NO・S3終了!」

最初は、地味だなー、なんて言ってたニューオリンズだけど、
シーズン3、面白かったです。
大人の事情で降板したブロディの代わりにチームに入ったのは、
「CSI:NY」に出てた彼女ね。
こちらも大人の事情が見えるソーニャは、
出てたり出てなかったり、何か他の仕事してるのかなー。
クロスオーバーではマクギーがニューオリンズに。
そして一番盛り上がったのはやっぱり、
長年の因縁の相手、市長との対決ね。
キレたプライドが大暴れするけど、
ホレイショやボイトより上品。
「HOMLAND」のマックスは最近悪役でよく見ます。


「リーサル・ウェポンS2終了!」

シーズン1は、リッグスが亡き妻の事でいろいろと。
シーズン2は、リッグスが暴力父との事でいろいろと。
次のシーズンは誰といろいろ?
と思ってたら、素行不良でリッグス役の方、クビらしいです。苦笑
イラついてたけど、いいコンビでしたのに。
ドクター・ケイヒルとくっつけばいいのに、とか思ってましたのに。
クライムドラマとしては面白いのだけど、
このリッグス系のうんぬんがちょっと「ん?」なのと、
マータフのうざいキャラが「んん?」なのは「んんん?」なのよね。
主役交代でシーズン3を製作するようなので、
どうなるか、見てみるかな。



今月の新ドラマ↓

「ハッピー・バレー復讐の町S2」
「SWAT・S1」
「モダン・ファミリーS9」
「9−1−1・S1」
「ローズウッドS2」

モーガン、転職して次はスワットらしいです。
プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム